「戎小判」の歴史と魅力

スポンサーリンク

「戎小判」の歴史と魅力

戎小判とは。

上方で行われる古典落語の「戎小判」は「鼻の上の桂馬」とも呼ばれ、「鼻の上の桂馬」を東京で行う場合は「桂馬」のみとする。

演目の由来とあらすじ

演目の由来とあらすじ

-演目の由来とあらすじ-

「戎小判」は、平安時代末期に実際にあった事件を元に作られました。その事件とは、播磨国の豪族である熊谷直実が、主君である源頼朝の命令で平家を討伐するため、平家の本拠地である福原(現在の神戸市)に攻め入ったというものです。直実は平家の軍勢を破り、福原を占領しました。そして、平家の財宝を手に入れた直実は、その財宝の一部を部下たちに分け与えました。

「戎小判」はこの事件を題材にして作られた浄瑠璃です。浄瑠璃とは、三味線を伴奏にして人形を操りながら物語を語る芸能です。「戎小判」は、江戸時代初期に活躍した浄瑠璃作者である近松門左衛門によって書かれました。近松門左衛門は、この浄瑠璃で、直実の忠義と部下たちへの思いやりを描き出しています。

「戎小判」のあらすじは以下の通りです。

* 直実は、頼朝の命令で平家を討伐するため、福原に攻め入る。
* 直実は、平家の軍勢を破り、福原を占領する。
* 直実は、平家の財宝を手に入れ、その一部を部下たちに分け与える。
* 直実は、頼朝の命令で福原を撤退する。
* 直実は、部下たちと一緒に京都に戻る。
* 直実は、部下たちと酒を飲み、平定祝いの宴会を開く。
* 直実は、部下たちと別れ、播磨国に帰る。

「戎小判」の特徴と見どころ

「戎小判」の特徴と見どころ

「戎小判」の特徴と見どころ

「戎小判」は、「十両小判」とも表記され、江戸時代末期に発行された金貨の一種です。金座の江戸本座・京都西座・大坂座の三座で発行されました。「戎小判」という名称は、十両小判の表面に「戎社」の図柄が鋳造されていることに由来しています。この図柄は、商売繁盛の神様である戎様を表しており、縁起の良いものとされました。

「戎小判」の特徴は、表面に「十両」の文字と「戎社」の図柄が鋳造されていることです。また、裏面には、発行された年号と金座の座標が記されています。「戎小判」は、金100%で作られており、その重さは37.5グラムです。また、「戎小判」は、江戸時代末期に発行された金貨の中では、最も多く発行されました。これは、「戎小判」が、比較的安価で、庶民にも入手しやすい金貨だったためです。

「戎小判」の見どころは、なんといっても、表面に鋳造されている「戎社」の図柄です。この図柄は、非常に精巧に作られており、戎様の表情や衣装なども細かく表現されています。また、「戎小判」は、江戸時代末期の貨幣制度を知る上で、貴重な資料となっています。

「戎小判」の現代版解釈

「戎小判」の現代版解釈

-「戎小判」の現代版解釈-

「戎小判」は、元禄時代(1688~1704年)に鋳造された金貨です。その名の通り、恵比寿大黒天が描かれており、縁起の良い貨幣として庶民の間で親しまれていました。

「戎小判」の現代版解釈として、様々なデザインの「戎小判」が作られています。その中には、現代風のイラストが描かれたものや、キャラクターをモチーフにしたものなど、様々なバリエーションがあります。

「戎小判」の現代版解釈の多くは、縁起物として扱われています。金運を上げたい人や、商売繁盛を願う人が、財布に入れて持ち歩くことが多いです。また、「戎小判」をモチーフにしたアクセサリーや雑貨も人気があります。

「戎小判」は、江戸時代から続く縁起の良い貨幣です。その現代版解釈である「戎小判」も、縁起物として親しまれています。金運を上げたい人や、商売繁盛を願う人は、「戎小判」を現代版解釈として取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました