歌野晶午の名作ミステリー「生存者、一名」

スポンサーリンク

歌野晶午の名作ミステリー「生存者、一名」

生存者、一名とは。

「生存者、一名」は、歌野晶午が2000年に発表した長編ミステリー小説です。

あらすじと背景

あらすじと背景

歌野晶午の名作ミステリー「生存者、一名」は、1997年に刊行され、第120回直木賞を受賞した作品です。

物語の舞台は、1945年の8月6日、広島です。主人公は、広島市立第三国民学校に勤める教師、木戸恒一。彼は、原爆投下直前に、生徒たちを校庭に避難させていました。しかし、原爆は校庭のすぐ近くに着弾し、木戸は被爆してしまいます。

木戸は、九死に一生を得て、病院に収容されます。しかし、その病院は、原爆の被害によって崩壊寸前でした。木戸は、瓦礫や死体の山に囲まれながら、必死に生き延びようとします。

やがて、木戸は、病院を脱出して、広島の街に出ます。しかし、そこには、原爆の被害によって、地獄のような光景が広がっていました。木戸は、焼け野原となった街を彷徨いながら、生き残った人々を探します。

木戸は、奇跡的に生き残った生徒たちと再会します。しかし、生徒たちは、原爆の被害によって、心身ともに傷ついていました。木戸は、生徒たちを励まし、なんとか生き延びようとします。

やがて、木戸は、原爆投下から数日後に、街に現れたアメリカの兵士たちと出会います。木戸は、兵士たちから、食料や医薬品を受け取ります。しかし、木戸は、兵士たちから、原爆投下について聞かされたとき、強い怒りと悲しみを感じます。

木戸は、原爆投下から1年後、広島に帰郷します。原爆投下後、広島の街は、復興が進んではいましたが、まだ、傷跡が残っていました。木戸は、原爆の被害を風化させないように、被爆体験を語り継いでいこうと決意します。

物語の登場人物と人間関係

物語の登場人物と人間関係

物語の登場人物と人間関係

「生存者、一名」には、主人公である安達充をはじめ、個性豊かで魅力的な人物が登場します。ここでは、彼らの人物像と人間関係について解説します。

安達充(あだちみつる) 主人公。30歳の建築士。大学を卒業後、建設会社に就職し、現在はプロジェクトリーダーとして活躍しています。一見すると、ごく普通の青年ですが、実は、過去に大きなトラウマを抱えています。

島崎優子(しまざきゆうこ) 安達の恋人。28歳のOL。安達とは大学時代からの知り合いで、卒業後は同じ会社に就職しました。現在は、人事部に勤務しています。優しくて献身的な性格ですが、過去に安達を裏切ったことがあり、安達は今でもそのことを気にかけています。

高田隆介(たかだりゅうすけ) 安達の友人。32歳のフリーライター。安達とは大学時代からの親友で、安達に何かあるとすぐに駆けつけます。頭脳明晰で、推理力に優れていますが、皮肉屋で、安達をからかうことが大好きです。

村田幸三(むらたこうぞう) 安達の叔父。58歳の元警察官。安達が幼い頃、両親を交通事故で亡くしたため、安達を育て上げました。安達のことを大切に思っていますが、過去に安達を厳しく叱りすぎたことを後悔しています。

これらの登場人物を中心に、物語は展開していきます。安達と優子の関係、安達と高田の友情、安達と村田の親子関係など、様々な人間関係が絡み合い、複雑なミステリーが紡がれていきます。

物語の展開と結末

物語の展開と結末

「物語の展開と結末」

歌野晶午の名作ミステリー「生存者、一名」は、閉ざされた調査船の中で起こる密室殺人事件を題材とした作品です。物語は、調査船「深海調査6号」が消息不明となり、生存者はたった一人、主人公の海洋学者の高瀬春彦だけであることから始まります。高瀬春彦は調査船内で仲間たちが殺害された真相を探るために、調査に乗り出します。

調査を進めるうちに、高瀬春彦は船内で起こっていた人間関係の複雑さに気づきます。船長と乗組員の間の確執、科学者同士のライバル意識、そして乗組員同士の恋愛関係などが複雑に絡み合い、事件の真相はさらに混沌としていきます。

高瀬春彦は、船内の証拠や証言を集め、事件の真相に迫っていきます。しかし、調査を進めるにつれて、高瀬春彦自身も危険にさらされるようになります。犯人は高瀬春彦が真相に近づいていることを察知し、高瀬春彦を殺害しようとするのです。

高瀬春彦は、犯人の罠を掻い潜りながら、事件の真相を解明していきます。そして、ついに犯人の正体を暴き、事件を解決します。犯人は、高瀬春彦の親友である研究者でした。犯人は、高瀬春彦の研究成果を盗もうとして、仲間たちを殺害し、高瀬春彦を犯人に仕立て上げようとしていたのです。

高瀬春彦は、犯人を逮捕し、事件を解決します。しかし、事件の真相を知った高瀬春彦は、仲間たちを失った悲しみと、親友を殺害した犯人への怒りにさいなまれ続けることになります。

タイトルとURLをコピーしました