ケリー・ブルー:ウィントン・ケリーのジャズの名盤

スポンサーリンク

ケリー・ブルー:ウィントン・ケリーのジャズの名盤

ケリー・ブルーとは。

「ケリー・ブルー」は、1959年にピアニストのウィントン・ケリーが録音したジャズ・アルバムです。リバーサイド・レーベルから発売され、ピアノ・トリオとホーンが加わったセクステットによる演奏を収録しています。このアルバムは、ウィントン・ケリーの代表作のひとつで、世界中で高く評価されています。原題は「KELLYBLUE」です。

ピアノ・トリオとホーンが加わったセクステットの演奏

ピアノ・トリオとホーンが加わったセクステットの演奏

ピアノ・トリオとホーンが加わったセクステットの演奏

ジャズ音楽におけるセクステットの編成は、4人のプレイヤーからなるクインテットよりもさらに複雑で豊かなサウンドを生み出すことができます。この編成は、ピアノ、ベース、ドラムという基本的なトリオに、ホーン(サックスやトランペットなど)を2本加えることで構成されます。ホーンセクションの追加により、ハーモニーやメロディーラインに深みが生まれ、アンサンブルにさらなるダイナミズムと多様性がもたらされます。

ウィントン・ケリーのセクステットは、1950年代後半から1960年代初頭に活躍した伝説的なジャズグループです。このグループは、ケリー自身に加え、トランペッターのフレディ・ハバード、サックス奏者のウェス・モンゴメリー、ベース奏者のポール・チェンバース、ドラマーのジミー・コブで構成されていました。セクステットは、そのタイトなアンサンブルワークと、ハードバップとソウルジャズを融合させたユニークなサウンドで知られていました。

ケリーのセクステットの最も有名な録音の一つは、1959年にリリースされたアルバム「ケリー・ブルー」です。このアルバムは、ケリーの作曲したオリジナル曲を中心に構成されており、セクステットの優れた演奏力を存分に発揮しています。特に、タイトル曲の「ケリー・ブルー」は、ケリーの美しいピアノソロと、モンゴメリーとハバードの素晴らしいソロが聴きどころです。

「ケリー・ブルー」は、ウィントン・ケリーのセクステットの代表作であり、ジャズ史に残る名盤として高く評価されています。このアルバムは、ジャズファンのみならず、音楽を愛するすべての人々にぜひ聴いていただきたい一枚です。

ウィントン・ケリーの代表作として知られる名盤

ウィントン・ケリーの代表作として知られる名盤

ウィントン・ケリーの代表作として知られる名盤

ジャズピアニスト、ウィントン・ケリーの代表作として名高いアルバムが「ケリー・ブルー」だ。1959年に録音されたこのアルバムは、ケリーの卓越したピアノテクニックと、伸びやかなメロディラインが特徴のハードバップの名盤として広く知られている。

アルバムには、ケリーのオリジナル曲に加え、ジャズスタンダードのカバー曲も収録されている。ケリーのオリジナル曲では、「ケリー・ブルー」や「エイプリル・ラブ」など、美しいメロディが印象的な楽曲が揃っている。カバー曲では、ジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」や、セロニアス・モンクの「エポニムス」など、定番中の定番ともいえる楽曲をケリー独自の解釈で演奏している。

「ケリー・ブルー」は、ケリーのピアノが存分に堪能できるアルバムである。ケリーは、力強くスイングするピアノで、ハードバップのグルーヴをしっかりと刻みながら、美しいメロディを奏でている。また、ケリーのソロは、テクニックの高さだけでなく、情感豊かな表現力が魅力的だ。

「ケリー・ブルー」は、ケリーの代表作として名高いハードバップの名盤である。ケリーの卓越したピアノテクニックと、伸びやかなメロディラインが堪能できる一枚だ。ジャズファンなら、ぜひ一度は聴いておきたいアルバムである。

ジャズの歴史に残る名曲の数々

ジャズの歴史に残る名曲の数々

ジャズの歴史に残る名曲の数々

「ケリー・ブルーウィントン・ケリーのジャズの名盤」は、1959年にブルーノート・レコードからリリースされたハードバップのアルバムである。このアルバムは、ピアニストのウィントン・ケリーがリーダーを務め、トランペッターのフレディ・ハバード、テナーサックス奏者のウェイン・ショーター、ベーシストのポール・チェンバース、ドラマーのジミー・コブという豪華なメンバーで構成されている。

アルバムのオープニングを飾るのは、ケリーのオリジナル曲「ケリー・ブルー」である。この曲は、中庸のテンポでスイングするハードバップのナンバーで、ケリーの流麗なピアノソロとハバードの力強いトランペットソロが印象的である。続く「ザ・サイドワインダー」は、リー・モーガンの作曲によるラテン・ジャズのナンバーである。この曲は、その軽快なリズムとキャッチーなメロディーで、ジャズファンから広く愛されている。

アルバムのハイライトの一つは、ケリーの代表曲とも言える「モーニン」である。この曲は、憂いを帯びたメロディーと美しいハーモニーが特徴的なバラードであり、ケリーの繊細なピアノソロが光る。また、ショーターのテナーサックスソロも素晴らしい。この曲は、ジャズの歴史に残る名曲として、多くのミュージシャンにカバーされている。

アルバムのラストを飾るのは、ケリーのオリジナル曲「ハイ・フライ」である。この曲は、アップテンポのスイングするハードバップのナンバーで、ケリーの華やかなピアノソロとハバードの切れ味鋭いトランペットソロが聴きどころである。この曲は、アルバムを締めくくるにふさわしい力強いナンバーである。

「ケリー・ブルーウィントン・ケリーのジャズの名盤」は、ジャズの歴史に残る名曲の数々を収録した傑作アルバムである。ケリー、ハバード、ショーター、チェンバース、コブという一流のミュージシャンたちが集結し、ハードバップの真髄を味わうことができる。このアルバムは、ジャズファンなら必聴の1枚である。

タイトルとURLをコピーしました