キン肉マンII世:ゆでたまごの名作

スポンサーリンク

キン肉マンII世:ゆでたまごの名作

キン肉マンII世とは。

キン肉マンII世とは、漫画家ユニットゆでたまごによる漫画作品であり、「キン肉マン」の続編にあたります。前作の主人公の息子が活躍し、1997年から1998年に『週刊プレイボーイ』に読み切り作品として数回掲載されたのち、連載が開始されました。掲載誌をいくつか変更しつつ連載を継続し、最終的には集英社のニュースサイト『週プレNEWS』の2011年10月配信分をもって連載終了となりました。集英社スーパープレイボーイコミックス全29巻(第1部)+同プレイボーイコミックス全28巻(第2部)が発売されています。

また、その漫画作品を原作とする日本のテレビアニメも制作され、テレビ東京系列にて2002年1月から12月まで放映されました。制作は東映アニメーションで、声優は小野坂昌也ほかが出演しています。2004年、2006年には続編が制作・放映されています。

キン肉マンII世の魅力

キン肉マンII世の魅力

キン肉マンII世の魅力は、そのストーリー展開の面白さです。前作のキン肉マンの続編として描かれており、前作で活躍したキャラクターたちの息子たちが主人公として登場します。彼らはそれぞれの父親の必殺技を受け継ぎながら、独自の必殺技を開発して戦っていきます。また、前作に登場した悪魔超人たちも引き続き登場し、キン肉マンII世たちと激闘を繰り広げます。

キン肉マンII世の魅力は、そのキャラクターの個性です。主人公のキン肉万太郎は、父親のキン肉マンとは違い、熱血漢ではなくクールで知的なキャラクターです。また、他のキャラクターたちもそれぞれに個性があり、読者を楽しませてくれます。

キン肉マンII世の魅力は、そのバトルシーンの迫力です。前作のキン肉マンよりもバトルシーンの数が多く、そのどれもが迫力満点です。また、前作には登場しなかった新しい必殺技の数々が登場し、読者を驚かせてくれます。

キン肉マンII世のストーリー

キン肉マンII世のストーリー

キン肉マンII世のストーリー

キン肉マンII世は、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』の続編である。原作はゆでたまご、作画は嶋田隆司。1998年から2007年まで『週刊プレイボーイ』で連載された。

物語の舞台は、キン肉マンが宇宙超人タッグトーナメントで優勝してから30年後。キン肉マンの息子であるキン肉万太郎が主人公となり、正義超人として次世代の超人を目指す。

キン肉万太郎は、父であるキン肉マンと同じく正義超人の候補生として育った。しかし、万太郎は正義超人の素質がなく、いつもバカにされていた。それでも、万太郎は正義超人になることを諦めずにいた。

ある日、万太郎は謎の超人に襲われる。万太郎は絶体絶命のピンチに陥るが、正義超人の友情パワーで奇跡的に勝利する。この勝利がきっかけで、万太郎は正義超人の候補生として認められるようになる。

その後、万太郎は正義超人養成機関であるヘラクレス・ファクトリーに入学する。ヘラクレス・ファクトリーで万太郎は、様々な特訓を受け、正義超人の能力を身につけていく。

そして、万太郎は正義超人タッグトーナメントに出場する。万太郎は、パートナーであるテリー・ザ・キッドと一緒に、様々な強敵と戦っていく。

キン肉マンII世は、キン肉マンの息子である万太郎が正義超人として成長していく物語である。万太郎は、父であるキン肉マンと同じく正義超人でありながら、独自の個性を持ち合わせている。万太郎の活躍に注目してほしい。

タイトルとURLをコピーしました