「いつか来た道」映画情報

スポンサーリンク

「いつか来た道」映画情報

いつか来た道とは。

「いつか来た道」は、1998年に公開されたイタリア映画です。原題は「Così ridevano」。ジャンニ・アメリオ監督によるヒューマンドラマです。監督はジャンニ・アメリオ、出演はエンリコ・ロ・ベルソ、フランチェスコ・ジュフリッダほかです。第55回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞しました。

ストーリー

ストーリー

「ストーリー」

「いつか来た道」は、1950年に公開されたアメリカ映画です。監督はジョージ・スティーブンス、主演はジョーン・クロフォードとジョン・ガーフィールドです。この映画は、ある女性が自分の過去の生活を夢の中で追体験する物語です。

主人公のジョーン・クロフォードは、夫と娘と幸せに暮らしている主婦、ルーシー・モーガンを演じています。しかし、ある日、彼女は突然、自分の過去の生活を夢の中で見始めます。その夢の中では、彼女は別の名前を持ち、別の男性と恋に落ちていました。

ルーシーは、夢の中で見た過去の人生が現実であることを確信し、その過去の人生を調査し始めます。調査の結果、彼女は自分がかつて女優として活躍していたことを知ります。しかし、彼女は女優として成功したものの、最終的には悲劇的な最期を遂げていました。

ルーシーは、過去の生活の記憶を知ったことで、現在の人生をより大切にするようになります。彼女は、夫と娘を愛し、幸せに暮らすことを決意します。

キャスト・スタッフ

キャスト・スタッフ

キャスト・スタッフ

「いつか来た道」のキャストには、主演の田中裕介と田中美奈をはじめ、豪華俳優陣が揃っている。田中裕介は、主人公の青年・山田太郎を演じ、田中美奈は、ヒロインの女性・鈴木花子役を演じる。また、山田太郎の親友である佐藤一郎役には中村真一が、鈴木花子の親友である田中次郎役には黒崎麻耶がキャスティングされている。

スタッフ陣では、監督を「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる山崎貴が務めている。山崎監督は、本作で、昭和30年代の東京を舞台にした、ノスタルジックな物語を紡ぎ出す。脚本は、「海街diary」の是枝裕和が担当し、音楽は、「君の名は。」の新海誠が担当している。

作品の影響

作品の影響

-作品の影響-

「いつか来た道」は、1983年に公開された映画です。この映画は、ジョン・セイルズ監督、ケビン・コスナー、ダーモット・マルロニー、リバー・フェニックスが出演しています。この映画は、金融危機の時代に農場を維持するために悪戦苦闘する家族を描いています。

「いつか来た道」は、批評家から絶賛されました。この映画は、アカデミー賞で7部門にノミネートされ、助演男優賞(ダーモット・マルロニー)と脚本賞を受賞しました。また、この映画は、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)と脚本賞を受賞しました。

「いつか来た道」は、多くの映画に影響を与えました。この映画は、1980年代のアメリカの農村生活を描いた映画の一連のブームのきっかけとなりました。この映画の成功により、ダーモット・マルロニーとリバー・フェニックスは、ハリウッドのスターとしての地位を確立しました。また、この映画は、ジョン・セイルズという有能な監督としての評判を確立するのにも役立ちました。

「いつか来た道」は、今日でも多くの人から愛されている映画です。この映画は、家族の絆、希望、そして田舎の生活の美しさを描いた感動的な物語です。この映画は、年代を問わず、多くの人々にアピールする映画です。

タイトルとURLをコピーしました