「小蓮の恋人」日本人としての残留孤児二世の物語

スポンサーリンク

「小蓮の恋人」日本人としての残留孤児二世の物語

小蓮の恋人新日本人としての残留孤児二世とは。

「小蓮の恋人 新日本人としての残留孤児二世」は、井田真木子著のノンフィクションです。1992年に出版され、1993年には第15回講談社ノンフィクション賞を受賞しました。この本は、残留孤児二世である小蓮の恋人を取り上げて、彼らのアイデンティティや生き方について考察しています。

「小蓮の恋人」のあらすじと背景

「小蓮の恋人」のあらすじと背景

「小蓮の恋人」は、日本人としての残留孤児二世の物語を描いた小説です。著者は、残留孤児二世のドキュメンタリー映画「小蓮」を監督した、大林宣彦氏です。小説は、1970年代の東京を舞台に、残留孤児二世の女性、小蓮と、日本の男性、田中淳一との恋愛を描いています。

小蓮は、満州で生まれた日本人の父親と、中国人の母親の間に生まれた残留孤児二世です。戦争後、小蓮は母親と一緒に中国に帰国しましたが、その後、再び日本にやって来ました。小蓮は、東京で働きながら、日本語学校に通い、日本語を学びます。

ある日、小蓮は、東京の街で田中淳一と出会います。淳一は、大学で中国語を専攻している学生です。淳一は、小蓮の日本語を助け、二人はやがて恋に落ちます。しかし、二人は、残留孤児二世と日本人の恋という、社会の偏見に直面します。

小蓮と淳一は、偏見を乗り越えて、結婚します。二人は、東京で暮らし始め、子どもを授かります。小蓮は、残留孤児二世として、苦労しましたが、淳一との結婚と子どもの誕生によって、幸せを得ることができました。

「小蓮の恋人」は、残留孤児二世の苦しみと喜びを描いた、感動的な小説です。小説は、残留孤児二世の社会的地位を向上させるため、残留孤児二世に対する偏見をなくす必要があることを訴えています。

「小蓮の恋人」の主人公たちと彼らの運命

「小蓮の恋人」の主人公たちと彼らの運命

「小蓮の恋人」の主人公たちは、第二次世界大戦中に中国東北部に置き去りにされた日本人残留孤児の二世である。彼らは、中国人の養父母に育てられ、中国語と中国文化を学び、中国人と同等に扱われていた。しかし、1960年代後半に中国で文化大革命が起こると、彼らの運命は一変する。

文化大革命は、毛沢東が主導した政治運動で、中国の伝統文化や知識人を標的にした迫害が行われた。残留孤児二世もまた、その迫害の対象となり、強制労働や収容所に送られたり、中国から国外追放されたりした。

文化大革命が終結した後は、残留孤児二世の一部が日本に帰国したが、その多くは中国に留まり、中国社会に溶け込んでいった。しかし、彼らは依然として差別や偏見にさらされており、日本での生活に苦戦している人も少なくない。

「小蓮の恋人」は、文化大革命の時代に翻弄された残留孤児二世の悲劇を描いた作品である。主人公たちは、戦争という悲劇に翻弄され、迫害を受け、苦悩する。しかし、彼らはそれでもたくましく生き抜いていく。その姿は、私たちに勇気を与えてくれる。

「小蓮の恋人」の作者・井田真木子の思い

「小蓮の恋人」の作者・井田真木子の思い

「小蓮の恋人」の作者・井田真木子の思い

「小蓮の恋人」の作者である井田真木子は、残留孤児二世の物語を世に伝えたいという強い思いを持ってこの小説を書きました。井田氏は、残留孤児二世が直面するさまざまな困難や差別を「戦争の傷跡」と呼び、その傷跡を癒すために「物語の力」を信じていると述べています。

井田氏は、残留孤児二世の物語を語ることで、戦争の悲惨さを伝えるとともに、残留孤児二世の尊厳とアイデンティティを回復したいと願っています。また、井田氏は、残留孤児二世の物語を語ることによって、日本社会の「排外主義」や「差別」の問題を提起したいと考えています。

井田氏は、「小蓮の恋人」を執筆するにあたって、多くの残留孤児二世に取材を行いました。井田氏は、取材を通じて、残留孤児二世が「祖国」である日本社会で直面するさまざまな困難や差別を目の当たりにしました。井田氏は、残留孤児二世の苦しみを小説に表現することで、日本社会の「排外主義」や「差別」の問題を提起しようとしています。

井田氏は、「小蓮の恋人」は残留孤児二世の物語であると同時に、日本社会の「排外主義」や「差別」の問題を提起する物語であると考えています。井田氏は、「小蓮の恋人」を執筆することで、残留孤児二世の苦しみに光を当て、日本社会の「排外主義」や「差別」の問題を解決するきっかけになればと願っています。

タイトルとURLをコピーしました