「こちら本池上署」の全て!

スポンサーリンク

「こちら本池上署」の全て!

こちら本池上署とは。

1. 「こちら本池上署とは」は、日本のテレビドラマシリーズのひとつです。TBS系列で放映されました。原作は、たかもちげん氏とやぶうちゆうき氏による漫画作品です。2002年から2005年にかけて、11~15回のシリーズ作品として、計5シーズンが制作・放映されました。
2. 「こちら本池上署」は、日本のテレビドラマです。「こちら本池上署」シリーズの第1作です。TBS系列で放映されました(2002年7月~9月)。全11回です。脚本は横田与志氏ほかが担当しました。出演は高嶋政伸氏、橋爪功氏、水野真紀氏、金子賢氏らです。

「こちら本池上署」とは?

「こちら本池上署」とは?

「こちら本池上署」とは?

「こちら本池上署」は、2000年代前半にテレビ朝日系列で放送された、渡瀬恒彦さん主演の刑事ドラマです。主人公の本池上署の刑事・古畑京平が、様々な難事件を解決していくという内容でした。

このドラマは、渡瀬さんの演技力と、リアルな事件の描写が好評で、高い視聴率を獲得しました。また、ドラマの舞台となった本池上署は、実際に東京都大田区にある警察署で、ドラマの放送後には、多くのファンが訪れるようになりました。

このドラマは、2005年に放送が終了しましたが、現在も再放送されることがあり、根強い人気を誇っています。また、このドラマをきっかけに、警察官を目指す人が増えたと言われています。

「こちら本池上署」の原作は?

「こちら本池上署」の原作は?

「こちら本池上署」の原作は、池波正太郎の小説「本陣殺人事件」です。この小説は、1962年に発表され、1975年にテレビドラマ化されました。ドラマは、東京・池上署を舞台に、刑事たちが事件を解決していくという内容です。原作の「本陣殺人事件」は、池上署が舞台ではありませんが、ドラマでは池上署を舞台にすることで、よりリアリティのある作品となっています。ドラマは、1975年から1982年まで放送され、平均視聴率20%を超える人気番組となりました。また、ドラマは1983年に映画化もされました。

「こちら本池上署」のキャストは?

「こちら本池上署」のキャストは?

「こちら本池上署」のキャストは、個性豊かな俳優陣が勢ぞろいしています。主人公の丸山勝利を演じるのは、俳優の竜雷太。丸山の妻・洋子を演じるのは、女優の浅茅陽子。丸山の部下である刑事・高村竜平を演じるのは、俳優の石立鉄男。高村の妻・みどりを演じるのは、女優の岡崎友紀。丸山の部下である刑事・三枝洋介を演じるのは、俳優の西村晃。三枝の妻・文子を演じるのは、女優の野川由美子。丸山の部下である刑事・池上雄介を演じるのは、俳優の川谷拓三。池上の妻・洋子を演じるのは、女優の伊藤かずえ。

これらの俳優陣は、それぞれが持ち味を生かした演技で「こちら本池上署」を盛り上げています。竜雷太の渋い演技は、丸山というキャラクターに重厚感を与えており、浅茅陽子の優しい演技は、洋子というキャラクターに温かみを与えています。石立鉄男のコミカルな演技は、高村というキャラクターに親しみやすさを与えており、岡崎友紀の可憐な演技は、みどりというキャラクターにチャーミングさを与えています。

西村晃の重厚な演技は、三枝というキャラクターに深みを与えており、野川由美子の柔らかな演技は、文子というキャラクターに安らぎを与えています。川谷拓三の迫力ある演技は、池上というキャラクターに存在感を与えており、伊藤かずえの清純な演技は、洋子というキャラクターに爽やかさを与えています。

「こちら本池上署」のキャストは、まさに珠玉の俳優陣です。彼らの演技が、このドラマを不朽の名作たらしめているのです。

タイトルとURLをコピーしました