クレイマー、クレイマー

スポンサーリンク

クレイマー、クレイマー

クレイマー、クレイマーとは。

クレイマー、クレイマーは、1979年に製作されたアメリカ映画です。監督はロバート・ベントン、出演者はダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ、ジャスティン・ヘンリーなどです。この映画は、第52回米国アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞(ダスティン・ホフマン)、助演女優賞(メリル・ストリープ)、脚色賞を受賞しました。また、第37回米国ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)を受賞しています。

各賞を席巻した名作ドラマ

各賞を席巻した名作ドラマ

「クレイマー、クレイマー」は、1979年に公開されたアメリカ映画です。主演はダスティン・ホフマンとメリル・ストリープで、監督はロバート・ベントンです。この映画は、妻に去られた父親が、幼い息子を育てながら仕事と家庭を両立させる姿を描いた感動的なドラマです。

「クレイマー、クレイマー」は、公開後すぐに大ヒットし、アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞の5部門を受賞しました。また、ゴールデングローブ賞でも作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞の4部門を受賞するなど、各賞を席巻しました。

「クレイマー、クレイマー」は、その感動的なストーリーとダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの素晴らしい演技で、今もなお多くの人々に愛され続けている名作ドラマです。この映画は、家族の絆の大切さを描いた作品としても知られており、多くの人々に感動を与えてきました。

「クレイマー、クレイマー」は、単なる感動的なドラマではなく、社会問題を提起している作品でもあります。この映画は、離婚やシングルペアレントの生きづらさを描くとともに、男性が育児に参加することの大切さも訴えています。この映画は、公開当時から多くの議論を巻き起こし、社会問題に対する人々の意識を変えていくきっかけとなりました。

「クレイマー、クレイマー」は、公開から40年以上が経った今もなお、多くの人々に愛され続けている名作ドラマです。この映画は、家族の絆の大切さや社会問題を訴えた作品として、今後も多くの人々に感動を与え続けるでしょう。

夫婦の葛藤と親子の愛情

夫婦の葛藤と親子の愛情

「夫婦の葛藤と親子の愛情」

映画「クレイマー、クレイマー」は、1979年に公開されたアメリカのドラマ映画です。ダスティン・ホフマンとメリル・ストリープが主演し、ロバート・ベントンが監督しました。この映画は、離婚を経験した父親と息子を描いており、夫婦の葛藤と親子の愛情をテーマにしています。

映画の主人公であるテッド・クレイマー(ダスティン・ホフマン)は、ニューヨーク市に住む広告代理店のエリート社員です。彼は妻のジョアンナ(メリル・ストリープ)と息子ビリー(ジャスティン・ヘンリー)との3人暮らしです。しかし、ある日ジョアンナは突然テッドに離婚を告げ、家を出ていきます。テッドはジョアンナを説得しようとしますが、彼女は頑なに拒否します。

テッドはジョアンナが去った後、ビリーを育てながら仕事をこなさなければなりません。彼は慣れない育児に苦労しますが、次第にビリーとの絆を深めていきます。一方、ジョアンナはカリフォルニア州で新しい生活を始めますが、ビリーのことを忘れられずにいます。

やがて、ジョアンナはビリーに会いたいとテッドに連絡してきます。テッドはジョアンナとビリーを再会させますが、ジョアンナはビリーを連れてカリフォルニア州に戻ってしまいます。テッドはジョアンナとビリーを取り戻すために法廷闘争を繰り広げます。

法廷闘争の末、テッドはビリーの親権を獲得します。ジョアンナはビリーをテッドに託し、カリフォルニア州を離れます。テッドとビリーは2人きりで新しい生活を始めますが、2人の絆はこれまで以上に強くなっていました。

「クレイマー、クレイマー」は、夫婦の葛藤と親子の愛情を描いた感動的な映画です。映画は、離婚が子供に与える影響や、父親が単独で子育てする苦労など、現代社会のさまざまな問題を提起しています。また、映画はダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの素晴らしい演技で高い評価を得ています。

珠玉のDVD特典

珠玉のDVD特典

「クレイマー、クレイマー」のDVD特典は、映画をより深く理解し、楽しむことができる、まさに珠玉のコレクションです。まず、監督であるロバート・ベントンの解説が収録されており、映画の制作秘話や撮影時のエピソードなどを聞くことができます。また、キャストやスタッフへのインタビュー映像も収録されており、映画に携わった人々の想いや苦労などを知ることができます。さらに、メイキング映像や未公開シーン、ミュージックビデオなど、映画ファンの心をくすぐる特典が満載です。

特に注目したいのは、ロバート・ベントンの解説です。ベントンは、映画の制作過程でどのようなことを考え、どのような工夫をしたのかを、丁寧に語っています。例えば、ダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの演技について、彼は「二人は、まるで本物の夫婦のように自然で説得力のある演技をしていた」と絶賛しています。また、撮影場所であるニューヨークの街並みについて、「ニューヨークは、この映画に欠かせない存在だった。街の喧騒や人々の営みが、映画にリアリティを与えてくれた」と語っています。

ベントンの解説を聞くと、映画「クレイマー、クレイマー」が、いかに丁寧に作られた作品であるかがわかります。そして、映画の感動をより深く味わうことができます。ぜひ、DVD特典をじっくりと鑑賞し、映画「クレイマー、クレイマー」の世界を存分に堪能してください。

タイトルとURLをコピーしました