「Lady Love」~バレエと愛の狭間で生きるダンサーの物語~

スポンサーリンク

「Lady Love」~バレエと愛の狭間で生きるダンサーの物語~

Lady Loveとは。

「Lady Love」は小野弥夢による漫画で、プリマとして活躍中に妊娠してしまったダンサーの夫への愛とバレエとの板挟みで悩みながら生きる姿を描いています。この作品は『別冊少女フレンド』で1981年2月号から1984年11月号まで連載され、後に講談社コミックスフレンド全8巻として出版されました。1984年度の第8回講談社漫画賞少女部門を受賞しています。

あらすじ

あらすじ

「Lady Love」は、バレエと愛の狭間で生きるダンサーの物語です。舞台は、華やかな舞台の裏側で、ダンサーたちが厳しい練習に励むバレエ団。主人公は、バレエにすべてを捧げたダンサー、彩花です。彼女は、バレエ団のプリンシパルとして、毎日厳しいレッスンと公演に明け暮れています。しかし、そんな彩花にも、ひとりの男性ダンサー、裕介との出会いによって、人生が大きく変わります。裕介は、彩花とは正反対の自由奔放なダンサー。彩花は、裕介に惹かれ、やがて二人は恋に落ちます。しかし、バレエ団では、ダンサー同士の恋愛は禁じられています。彩花と裕介の恋は、バレエ団の規則に反するものでした。

バレエ団の規則に反した二人はバレエ団から追放され、自由に愛を謳歌しますが、バレエから離れた生活に彩花はだんだんと違和感を覚え始めます。そして彩花は、バレエに復帰することを決意しバレエ団に戻ります。しかし、バレエ団に戻った彩花を待っていたのは、厳しい現実でした。彩花は、バレエ団を追放されたことで、プリンシパルの座を失い、再び下っ端のダンサーとして働き始めます。彩花は、厳しい現実と戦いながら、バレエへの情熱を取り戻していきます。そして、彩花は、再びプリンシパルの座を獲得し、バレエダンサーとして成功を収めます。

小野弥夢の世界観

小野弥夢の世界観

小野弥夢の世界観とは、バレエと愛の狭間で生きるダンサーたちの苦悩や葛藤を繊細かつ力強く描き出すものである。彼女の作品には、ダンサーたちの美しい肉体と、それを支える強い精神力が表現されている。小野は、ダンサーたちの内面を深く掘り下げることで、バレエという芸術の奥深さを浮き彫りにしている。彼女の作品は、バレエファンのみならず、多くの人々の共感を呼んでいる。

小野は、バレエと愛の狭間で生きるダンサーたちを、一人の人間として丁寧に描いている。彼女は、ダンサーたちの苦悩や葛藤を、決して美化したり、誇張したりしない。また、ダンサーたちの愛の喜びや悲しみも、ありのままに表現している。小野の作品には、ダンサーたちの生々しい感情がそのまま投影されている。

小野の作品は、バレエという芸術の奥深さを浮き彫りにしている。彼女は、ダンサーたちの肉体と精神の美しさを表現することで、バレエが持つ無限の可能性を伝えている。小野の作品は、バレエファンのみならず、多くの人々の共感を呼んでいる。

登場人物の魅力

登場人物の魅力

登場人物の魅力

「Lady Love」に登場するキャラクターたちは、それぞれに魅力があります。主人公のバレリーナであるサラは、バレエへの情熱と、愛する人への想いに揺れ動く複雑な女性です。彼女は、バレエの舞台で成功を収めるために努力を重ねる一方、恋人のジョンとの関係にも悩まされています。ジョンのことも心から愛しているのにバレエのことは譲れないのです。

サラの恋人のジョンは、音楽家として成功を収めている男性です。彼は、サラを深く愛していますが、彼女がバレエに打ち込むあまり、自分との時間を大切にしてくれないことに苦悩しています。二人ともお互いをとても愛していますが、夢と恋愛の板挟みに苦悩しています。

サラの友人であるマリアは、バレエのダンサーとして成功を収めている女性です。彼女は、才能と努力で舞台での成功を収めましたが、その裏では、過酷なレッスンに耐え、ライバルとの競争に苦しんでいます。とても努力家で実力もあるのに、ライバルの出現で彼女の居場所は奪われてしまいます。その挫折から立ち直るために、彼女は自分の居場所を探しています。

サラのライバルであるイザベルは、バレエのダンサーとして成功を収めている女性です。彼女は、才能と美貌で舞台での成功を収め、サラの恋人のジョンとも親密な関係にあります。とても才能がありサラの恋人を奪っていき、サラの夢であるバレエ人生を脅かす存在です。

この4人のキャラクターたちは、それぞれに魅力があり、複雑な人間関係を織り成しています。彼らの情熱と葛藤が描かれる「Lady Love」は、観客の共感と感動を呼ぶ作品です。

タイトルとURLをコピーしました