嗤う名医

スポンサーリンク

嗤う名医

嗤う名医とは。

「嗤う名医」は、医師であり作家でもある久坂部羊による短編小説集で、2014年に刊行されました。豊胸手術に失敗した女性の物語「シリコン」、嫁の介護に不満を抱く認知症の高齢者の物語「寝たきりの殺意」など、いわゆる「名医」と呼ばれる医師を中心人物に据えたリアルな医療ミステリー6作品で構成されています。

リアルな医療ミステリー6作品

リアルな医療ミステリー6作品

「嗤う名医」という大見出しの下には、リアリティあふれる医療ミステリーを扱った6つの小見出しが並んでいる。その中の一つである「白い巨塔」は、大学病院を舞台とした権力争いと医療過誤を巡る物語である。ベストセラー小説として知られるこの作品は、何度もテレビドラマ化されており、日本でも高い人気を誇っている。また、「ブラックジャック」も医療ミステリーの中でも人気の高い作品である。天才外科医が主人公のこの物語は、難題に立ち向かい、時には奇想天外な方法で患者を救う姿が描かれている。

「JIN-仁-」は、現代の脳外科医が幕末の江戸にタイムスリップするというSF色の強い医療ミステリーである。医療知識の差を利用して、人々を救う主人公の姿が印象的である。「医龍-Team Medical Dragon-」は、病院の再建を目的としたチームを結成した外科医の物語である。チームは、数々の難題に直面しながらも、患者を救うために奮闘していく。また、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は、ドクターヘリに乗って患者を救う医療ドラマである。ドクターヘリのパイロットや医師、看護師などの活躍が描かれ、臨場感あふれる作品となっている。さらに、「アンナチュラル」は、不自然死を捜査する研究所の物語である。法医学者や研究員たちが、遺体の謎を解き明かし、事件の真相を暴いていく。

豊胸手術に失敗した女性を描く「シリコン」

豊胸手術に失敗した女性を描く「シリコン」

「シリコン」は、豊胸手術に失敗し、その結果として重い健康被害を被った女性を描いた小説です。主人公は、豊胸手術を受けることを決意した若い女性です。彼女は、豊胸手術が成功して、自信を取り戻すことができると信じていたのです。しかし、実際には、手術は失敗し、彼女は重い健康被害を被ってしまいます。

手術後、主人公は激しい痛みと不快感に悩まされるようになりました。彼女は、医師に相談しましたが、適切な治療を受けることができませんでした。やがて、彼女の症状は悪化し、彼女は仕事を辞めざるを得なくなりました。また、彼女は、うつ病にもなり、自殺願望を抱くようになりました。

ある日、主人公は、一人の名医に出会います。その名医は、主人公の症状を丁寧に診察し、適切な治療を施しました。その結果、主人公の症状は徐々に改善していき、彼女は再び健康を取り戻すことができました。

この小説は、豊胸手術の危険性について警鐘を鳴らしています。また、主人公が名医に出会い、健康を取り戻していく過程を通して、希望と勇気を与えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました