助太刀屋助六について学ぶ

スポンサーリンク

助太刀屋助六について学ぶ

助太刀屋助六とは。

2002年、日本映画界に一石を投じたのが、岡本喜八監督、生田大作原作の傑作「助太刀屋助六」です。真田広之と鈴木京香の共演をはじめ、村田雄浩、鶴見辰吾、風間トオルら実力派の俳優陣が名を連ね、真田広之が第57回毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した話題作でもありました。

映画「助太刀屋助六」の概要

映画「助太刀屋助六」の概要

映画「助太刀屋助六」の概要

「助太刀屋助六」は、1935年に公開された日本映画です。マキノ雅弘監督、阪東妻三郎主演による時代劇映画です。助太刀屋助六は、江戸の町を舞台に、人々の困り事を解決する用心棒の物語です。

助六は、江戸の町に住む用心棒です。彼は、人々の困り事を解決することを生業としており、その腕前は評判となっています。ある日、助六は、やくざに追われている娘を助けます。娘の名前は小夜で、彼女は、やくざの親分の娘でした。小夜は、助六に助けられたことを感謝し、助六に恋をします。

助六は、小夜をやくざから守るために、やくざと対決します。助六は、やくざを倒し、小夜を救います。助六と小夜は、結ばれ、幸せに暮らします。

「助太刀屋助六」は、勧善懲悪のストーリーと阪東妻三郎の熱演が話題となり、大ヒットしました。

真田広之が演じる助太刀屋助六の魅力

真田広之が演じる助太刀屋助六の魅力

真田広之が演じる助太刀屋助六の魅力

助太刀屋助六の魅力は、何と言ってもその軽快な立ち回りにあるでしょう。真田広之の身体能力を活かした殺陣は、スピード感と迫力にあふれており、見ている者を圧倒します。また、助六のキャラクターは、お調子者ながらも義理人情に厚く、どこか憎めない愛嬌があります。真田広之は、そんな助六の魅力を巧みに表現しており、視聴者は助六に感情移入してしまうことでしょう。

さらに、助六は女性にモテるキャラクターでもあるため、その恋愛模様も見逃せません。助六は、町娘のお絹(松坂慶子)に一目惚れしますが、お絹は助六のことを嫌っています。しかし、助六はめげずにアプローチを続け、最終的に結ばれることになります。助六とお絹のラブストーリーは、コミカルでありながらも感動的で、視聴者の心を温めてくれるでしょう。

真田広之が演じる助太刀屋助六は、魅力的なキャラクターです。軽快な立ち回り、愛嬌のある性格、そして女性にモテるキャラクター性など、助六は見る者を惹きつける魅力が満載です。真田広之の好演も相まって、助六は視聴者に愛されるキャラクターとなっています。

映画「助太刀屋助六」の撮影秘話

映画「助太刀屋助六」の撮影秘話

「映画「助太刀屋助六」の撮影秘話」

映画「助太刀屋助六」は、1935年に公開された日本映画です。監督は伊藤大輔、主演は片岡千恵蔵です。この映画は、助太刀屋助六という怪盗を主人公とした人気小説を原作としています。

映画「助太刀屋助六」は、その斬新な演出と豪華なセットで話題となりました。特に、助六が空を飛ぶシーンは、当時としては画期的な映像技術でした。このシーンは、助六役の片岡千恵蔵が、ワイヤーを使って吊るされて撮影されました。

また、映画「助太刀屋助六」には、数多くのスター俳優が出演しています。助六の恋人であるお光役には、山田五十鈴がキャスティングされました。お光の父である大岡越前守役には、河原崎長十郎が起用されました。また、助六を捕まえようとする奉行所役人役には、市川右太衛門が出演しています。

映画「助太刀屋助六」は、公開当時から大ヒットを記録し、日本映画史に残る名作となりました。この映画は、現在でも多くの映画ファンに愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました