「消されたライセンス」ジョン・ガードナーによる007映画ノベライズ

スポンサーリンク

「消されたライセンス」ジョン・ガードナーによる007映画ノベライズ

消されたライセンスとは。

「消されたライセンス」は、英国の作家ジョン・ガードナーが映画「007消されたライセンス」(1989年)を原作として執筆した小説です。原題は《LicencetoKill》。「新ジェイムズ・ボンド」シリーズの一作です。

「消されたライセンス」: ジョン・ガードナーによる独自の007ノヴェライゼーション

「消されたライセンス」: ジョン・ガードナーによる独自の007ノヴェライゼーション

「消されたライセンス」 ジョン・ガードナーによる独自の007ノヴェライゼーション

ジョン・ガードナーによる007映画ノベライズは、しばしば原作者イアン・フレミングのスタイルとトーンに忠実であると称賛されていますが、ガードナーは独自の007ノヴェライゼーション「消されたライセンス」で、その傾向から逸脱しました。この小説は、1989年に公開されたティモシー・ダルトンの主演の同名映画を原作としていますが、ガードナーは映画の脚本を大幅に変更し、より複雑でスリリングな物語を作り上げました。

ガードナーは、映画のメインヴィランであるフランツ・サンチェスを、より冷酷で狡猾なキャラクターとして描き、ボンドとの対決シーンをより緊迫したものにしました。また、ガードナーはボンドのキャラクターにも、より深みを与えました。映画では、ボンドは冷淡な冷血漢として描かれていますが、ガードナーの小説では、ボンドはより人間味のあるキャラクターとして描かれ、彼の感情や葛藤がより詳細に描かれています。

ガードナーの「消されたライセンス」は、エキサイティングなアクションと複雑なキャラクターを兼ね備えた、優れた007ノヴェライゼーションです。ガードナーは、映画の脚本を大幅に変更し、よりスリリングな物語を作り上げましたが、それにもかかわらず、ガードナーのノヴェライゼーションは、原作者イアン・フレミングのスタイルとトーンに忠実であると称賛されています。

原題「Licence toKill」: ジョン・ガードナーの新ジェイムズ・ボンド誕生

原題「Licence toKill」: ジョン・ガードナーの新ジェイムズ・ボンド誕生

「原題「Licence toKill」 ジョン・ガードナーの新ジェイムズ・ボンド誕生」

ジョン・ガードナーの007映画ノベライズである「消されたライセンス」の原題は「Licence toKill」である。このタイトルは、ジェイムズ・ボンドがMによって任務から解雇され、ライセンスを失ったことを意味している。この小説は、ボンドが独自に復讐を果たすための旅に出るというストーリーである。

この小説は、映画「007 消されたライセンス」とは異なるストーリー展開を見せている。映画では、ボンドがフェリックス・ライターの結婚式に参加するためにマイアミを訪れた際に、ドラッグの取引を巡る陰謀に巻き込まれる。一方、小説では、ボンドはMによって任務から解雇された後、独自の調査を始めて、ドラッグの取引を巡る陰謀に巻き込まれるというストーリーになっている。

この小説は、映画とは異なるボンドの姿を描いている。映画では、ボンドはクールで冷静なエージェントとして描かれているが、小説では、より人間味のあるキャラクターとして描かれている。ボンドは、Mに解雇されたことで傷つき、復讐を果たすために危険な行動をとる。しかし、その一方で、ボンドは正義感と責任感を持つ人物としても描かれている。

この小説は、ジョン・ガードナーの新ジェイムズ・ボンド誕生作として知られている。ガードナーは、この小説でボンドをより人間味のあるキャラクターとして描き、新しいジェイムズ・ボンド像を作り上げた。この小説は、ボンドファンだけでなく、ハードボイルド小説ファンにも人気を博した。

ジェイムズ・ボンド映画のノヴェライゼーションとしての「消されたライセンス」

ジェイムズ・ボンド映画のノヴェライゼーションとしての「消されたライセンス」

「消されたライセンス」は、1989年の映画「007 消されたライセンス」のノベライズです。著者は、ジョン・ガードナーです。

ジェイムズ・ボンド映画のノベライズと言えば、映画のストーリーを忠実に再現したものが多く、映画の補完的な役割を果たしています。しかし、「消されたライセンス」は、映画とは異なるオリジナルのストーリーが展開されています。

映画「007 消されたライセンス」では、ボンドは、麻薬王フランツ・サンチェスを追跡するために、メキシコに向かう。しかし、サンチェスの罠にはまり、妻テリーを殺されてしまう。ボンドは、テリーの仇を討つために、サンチェスと対決する。

一方、小説「消されたライセンス」では、ボンドは、サンチェスを追跡するために、フロリダに向かう。サンチェスは、フロリダで麻薬密売を行っており、ボンドは、サンチェスの麻薬密売組織を壊滅させるために、サンチェスと対決する。

「消されたライセンス」は、映画とは異なるオリジナルのストーリーが展開されているため、映画を見た人でも楽しむことができます。また、小説ならではの描写がされており、映画では描かれなかったボンドの心理や行動を垣間見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました