007死ぬのは奴らだ、徹底解説!

スポンサーリンク

007死ぬのは奴らだ、徹底解説!

007死ぬのは奴らだとは。

007死ぬのは奴らだとは、イギリスの作家イアン・フレミングのスパイ小説(1954)である。原題は《Live and Let Die》で、「007/ジェームズ・ボンド」シリーズに属する。

1973年には、この小説を原作としたイギリス映画が製作された。原題は《Live and Let Die》で、ロジャー・ムーアがジェームズ・ボンドを演じた。監督はガイ・ハミルトン、共演はヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、バーナード・リーなどである。主題歌はポール・マッカートニー&ウイングスが担当した。

1973年の映画の主題歌は、ポール・マッカートニー率いるウイングスが発表した《Live And Let Die》である。この曲は、全英チャートで第9位、全米チャートで第2位を記録した。

小説と映画の違いは何?

小説と映画の違いは何?

小説と映画の違い

原作小説と映画版は、どちらもイアン・フレミングの小説「007死ぬのは奴らだ」を原作としていますが、いくつかの違いがあります。

まず、小説では、ジェームズ・ボンドがゴールドフィンガーと戦うためにアメリカに派遣されますが、映画では、ボンドはイギリス国内でゴールドフィンガーと戦います。また、小説では、ゴールドフィンガーが金の密輸のためにキラー satélite を使用しますが、映画では、ゴールドフィンガーは核爆弾を使用して金の価格を操作しようとします。

さらに、小説では、ボンドがゴールドフィンガーの財産を相続することになりますが、映画では、ボンドはゴールドフィンガーを破産させます。また、小説では、ボンドがゴールドフィンガーの部下のオッドジョブを倒しますが、映画では、オッドジョブはボンドに倒されません。

これらの違いは、映画をよりスリリングでエキサイティングなものにするために、映画製作者が原作小説からいくつかの変更を加えたためです。しかし、小説と映画のどちらも、ジェームズ・ボンドの冒険と活躍を十分に楽しむことができます。

小説と映画の主な違いをまとめると以下の通りです。

・小説では、ボンドがアメリカに派遣されますが、映画ではイギリス国内で戦います。
・小説では、ゴールドフィンガーが金の密輸のためにキラー satélite を使用しますが、映画では核爆弾を使用して金の価格を操作しようとします。
・小説では、ボンドがゴールドフィンガーの財産を相続しますが、映画では破産させます。
・小説では、ボンドがオッドジョブを倒しますが、映画ではオッドジョブはボンドに倒されません。

ジェームズ・ボンド役を演じた俳優は?

ジェームズ・ボンド役を演じた俳優は?

ジェームズ・ボンド役を演じた俳優は?

007シリーズの主人公であるジェームズ・ボンドは、これまで6人の俳優が演じてきました。初代ジェームズ・ボンドは、1962年の「007 ドクター・ノオ」から1967年の「007は二度死ぬ」まで、ショーン・コネリーが演じました。ショーン・コネリーは、その端正な容姿とクールな演技で、ジェームズ・ボンドというキャラクターを確立しました。

2代目のジェームズ・ボンドは、1969年の「女王陛下の007」から1971年の「ダイヤモンドは永遠に」まで、ジョージ・レーゼンビーが演じました。ジョージ・レーゼンビーは、ショーン・コネリーとは異なる、より人間味のあるジェームズ・ボンドを演じました。

3代目のジェームズ・ボンドは、1973年の「死ぬのは奴らだ」から1985年の「美しき獲物たち」まで、ロジャー・ムーアが演じました。ロジャー・ムーアは、その軽妙な演技で、ジェームズ・ボンドというキャラクターにユーモアを取り込みました。

4代目のジェームズ・ボンドは、1987年の「リビング・デイライツ」から1989年の「消されたライセンス」まで、ティモシー・ダルトンが演じました。ティモシー・ダルトンは、そのシリアスな演技で、ジェームズ・ボンドというキャラクターに深みをもたらしました。

5代目のジェームズ・ボンドは、1995年の「ゴールデンアイ」から2002年の「ダイ・アナザー・デイ」まで、ピアース・ブロスナンが演じました。ピアース・ブロスナンは、そのハンサムな容姿とアクションスターとしての資質で、ジェームズ・ボンドというキャラクターを再び輝かせました。

6代目のジェームズ・ボンドは、2006年の「カジノ・ロワイヤル」から2021年の「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」まで、ダニエル・クレイグが演じています。ダニエル・クレイグは、そのタフな演技で、ジェームズ・ボンドというキャラクターに新たな一面をもたらしました。

主題歌を歌ったアーティストは?

主題歌を歌ったアーティストは?

主題歌を歌ったアーティストは?

007シリーズの主題歌は、その映画の雰囲気を決定づける重要な要素のひとつです。007死ぬのは奴らだの主題歌は、ポール・マッカートニーとウイングスが歌った「Live and Let Die」です。この曲は、映画の冒頭のタイトルシークエンスで使用され、映画の緊張感あふれる雰囲気を盛り上げています。

ポール・マッカートニーは、ビートルズのメンバーとして活躍した後、1971年にウイングスを結成しました。「Live and Let Die」は、ウイングスのデビューアルバム「Wild Life」に収録されています。この曲は、ビートルズ時代の曲とは一味違った、ハードロック調の曲調が特徴です。

「Live and Let Die」は、007シリーズの主題歌の中でも最も人気のある曲のひとつです。この曲は、映画の公開後、世界中でヒットし、グラミー賞にもノミネートされました。ポール・マッカートニーは、この曲でアカデミー歌曲賞にもノミネートされました。

タイトルとURLをコピーしました