ロジャー:デヴィッド・ボウイのベルリン3部作の最後を飾る傑作

スポンサーリンク

ロジャー:デヴィッド・ボウイのベルリン3部作の最後を飾る傑作

ロジャーとは。

ロジャーは、イギリスのロック・ミュージシャン、デヴィッド・ボウイのアルバムです。1979年に発表され、「ロジャー(間借人)」という邦題でも呼ばれます。いわゆる「ベルリン3部作」の最後の作品であり、全英アルバムチャートで4位を記録しました。原題は《Lodger》です。

ロジャー誕生の背景とベルリン3部作における位置付け

ロジャー誕生の背景とベルリン3部作における位置付け

1977年にリリースされた通算11作目『ロウ』と、1979年にリリースされた通算12作目『ロジャー』は、デヴィッド・ボウイの「ベルリン3部作」の2作目を構成しています。『ロウ』発表後のコンサートツアーを終了後、ボウイは新たな音楽制作を構想し、ベルリンに拠点を移しました。このベルリン時代における音楽活動において共作したイギー・ポップのアルバム『ラスト・フォー・ライフ』をプロデュースしたボウイは、自身も新アルバムの制作に着手し、イギリス・ロンドンとフランス・パリでレコーディングを行いました。ベルリン3部作の音楽性においては、前作の『ロウ』に比べて穏やかながらも洗練された内容に仕上げられています。そして、『ロウ』のタイトルがフランス語風に表記されていたのに対し、『ロジャー』のタイトルは英語風に表記されています。このタイトルはデヴィッド・ボウイ本人が飼っていた「ロジャー」という名前のイグアナから取られています。ベルリン3部作の3作目、そしてボウイにとって通算13枚目となるアルバムが1980年に発表された『スケアリー・モンスターズ』です。

アルバムに込められたメッセージと音楽的特徴

アルバムに込められたメッセージと音楽的特徴

「ロジャーデヴィッド・ボウイのベルリン3部作の最後を飾る傑作」という大見出しの下に作られた小見出しの「アルバムに込められたメッセージと音楽的特徴」について、記事の段落を自然な日本語で書いてください。

「ロジャー」は、デヴィッド・ボウイのベルリン3部作の最後を飾る傑作として知られています。このアルバムは、ボウイがベルリンで制作した前作の「ロウ」と「ヒーローズ」の音楽性をさらに発展させたもので、より暗く、より実験的なサウンドを特徴としています。

「ロジャー」の歌詞は、ボウイがベルリンで経験した孤独感や疎外感を反映しており、このアルバムは、現実と幻想の境界線を探求しています。また、ボウイは「ロジャー」で、政治や社会問題にも言及しており、このアルバムには、ボウイの社会意識の高さが表れています。

音楽的には、「ロジャー」は、前作の「ロウ」と「ヒーローズ」よりも、よりまとまりのあるサウンドを特徴としています。ボウイは、このアルバムで、電子楽器やループを積極的に使用しており、これにより、「ロジャー」は、より実験的で前衛的なサウンドを備えたアルバムとなっています。

「ロジャー」は、ボウイのベルリン3部作の最高傑作として評価されており、このアルバムは、ボウイのキャリアを代表する作品のひとつとして知られています。「ロジャー」は、ボウイの音楽性をさらに発展させた作品であり、このアルバムは、ボウイの音楽の革新性を示しています。

ロジャーが音楽史に残した影響と評価

ロジャーが音楽史に残した影響と評価

ロジャーは、1973年にリリースされたデヴィッド・ボウイのアルバム「アラジン・セイン」のラストを飾るインストゥルメンタルです。この曲は、ボウイのベルリン3部作の最後にリリースされた曲であり、ボウイの音楽キャリアの中で最も重要な曲の一つとされています。

ロジャーは、ボウイとギタリストのカルロス・アロマー、ベーシストのジョージ・マレイ、ドラマーのデニス・デヴィスによってレコーディングされました。この曲は、アロマーのギターリフとマレイのベースラインに支えられた、ボウイのボーカルを中心にしたバラードです。ロジャーの歌詞は、ボウイがそれまでの人生を振り返り、自分自身を見つめ直すという内容になっています。

ロジャーは、リリース後すぐにヒットし、ボウイの代表曲の一つとなりました。この曲は、ボウイの音楽キャリアの中で最も重要な曲の一つとされており、ボウイの音楽性を決定づけた曲の一つとして知られています。ロジャーは、ボウイの死後も多くのアーティストにカバーされ、ボウイの音楽の偉大さを物語る曲の一つとなっています。

ロジャーは、ボウイの音楽史に残した影響と評価を語る上で重要な曲です。この曲は、ボウイの音楽キャリアの中で最も重要な曲の一つであり、ボウイの音楽性を決定づけた曲の一つとして知られています。ロジャーは、ボウイの死後も多くのアーティストにカバーされ、ボウイの音楽の偉大さを物語る曲の一つとなっています。

タイトルとURLをコピーしました