恋はビーチで生まれる!「早乙女タイフーン」の世界

スポンサーリンク

恋はビーチで生まれる!「早乙女タイフーン」の世界

早乙女タイフーンとは。

早乙女タイフーンは、2001年7月から9月までテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマです。全11回。原作はくじらいいく子による同名の漫画作品です。脚本は小原信治。主演は加藤晴彦、吉沢悠、一色紗英、篠原涼子などです。舞台は海水浴場で、ラブコメディーとなっています。

舞台は海水浴場!恋と青春が交錯するラブコメディー

舞台は海水浴場!恋と青春が交錯するラブコメディー

舞台は海水浴場!恋と青春が交錯するラブコメディー

「早乙女タイフーン」の舞台は、夏の海水浴場。そこには、海の家で働く女子高生・早乙女幸(演吉岡里帆)とその幼なじみの男子高生・田中誠(演中島健人)がいた。幸は、天真爛漫で元気な女の子だが、誠はシャイで奥手な男の子。そんな二人の恋の行方を軸に、リゾートバイトにやって来た大学生や、海水浴場にやって来た親子など、さまざまの人間模様が描かれていく。

このドラマの魅力は、なんといっても、吉岡里帆と中島健人のフレッシュな演技だろう。吉岡は、天真爛漫で元気な幸を、中島はシャイで奥手な誠を、それぞれ好演している。二人は、まさにハマり役で、その演技には思わず引き込まれてしまう。

また、このドラマは、恋と青春が交錯するラブコメディーでもある。幸と誠の恋の行方だけでなく、リゾートバイトにやって来た大学生たちの恋や、海水浴場にやって来た親子たちのドラマなど、さまざまな人間模様が描かれていく。そのどれもが、温かくほほえましいものばかりで、見ていて心が温まる。

「早乙女タイフーン」は、恋と青春が交錯するラブコメディー。吉岡里帆と中島健人のフレッシュな演技に、思わず引き込まれてしまう。

コミカルさとシリアスのバランスに注目!

コミカルさとシリアスのバランスに注目!

「コミカルさとシリアスのバランスに注目!」

「早乙女タイフーン」の魅力は、コミカルさとシリアスのバランスにある。主人公の早乙女タイフーンは、一見チャラチャラした不良少年だが、実は仲間思いで心優しい一面を持つ。ヒロインの波多野マリアは、美人でスタイル抜群だが、気さくで男勝りな性格。そんな二人を中心に、個性豊かなキャラクターたちが織りなすドタバタコメディは、見ていて思わず笑ってしまう。

しかし、本作はただのギャグ漫画ではない。タイフーンとマリアの恋物語は、シリアスで切ない展開も待っている。特に、タイフーンがマリアの過去を知ってからの二人の関係は、胸が締め付けられるほど切ない。しかし、そんな中でも二人は決して諦めず、困難を乗り越えていく。二人のひたむきな姿に、思わず涙してしまうことだろう。

コミカルさとシリアスのバランスが絶妙な「早乙女タイフーン」は、幅広い読者層に愛される作品となっている。ギャグ漫画が好きな人、恋愛漫画が好きな人、どちらにもおすすめできる作品だ。

タイトルとURLをコピーしました