「愛の勝利」(1939)のアカデミー賞ノミネート

スポンサーリンク

「愛の勝利」(1939)のアカデミー賞ノミネート

愛の勝利とは。

「愛の勝利」は、1939年に公開されたアメリカの恋愛映画です。原題は「Dark Victory」です。監督はエドムンド・グールディング、出演はベティ・デイビス、ジョージ・ブレント、ハンフリー・ボガートなどです。この映画は、第12回アカデミー賞で作品賞にノミネートされました。

「愛の勝利」(1939)の概要

「愛の勝利」(1939)の概要

「愛の勝利」(1939)は、グレゴリー・ラ・カーヴァ監督、エリザベス・バーガー、オットー・モントカセルによる脚本により、ベティ・デイヴィスとポール・ヘンリード主演で制作された1939年のアメリカ映画である。この映画は、後にジョーン・クロフォード主演で再映画化されたケネス・ソボットカの小説『すべてが沈黙している』に基づいている。

「愛の勝利」は、アメリカ南北戦争中の北軍兵士であるマイク・キーンと、南方人女性であるジュリー・マーシュウッドのロマンスを描いている。マイクとジュリーは敵対する立場にありながらも、お互いに恋に落ちてしまう。しかし、彼らの愛は戦争によって引き裂かれ、マイクは戦死したと思われてしまう。ジュリーは悲しみに暮れ、別の男性と結婚してしまう。しかし、数年後、マイクは生きていることが判明し、ジュリーに再会する。二人は再び恋に落ち、結婚する。

「愛の勝利」は、南北戦争を背景としたロマンチックな映画であり、公開当時は大きなヒットを記録した。この映画は、アカデミー賞の11部門にノミネートされ、そのうち3部門で受賞した。アカデミー賞のノミネート部門は以下の通りである。

「愛の勝利」(1939)の見どころ

「愛の勝利」(1939)の見どころ

-「愛の勝利」(1939)の見どころ-

「愛の勝利」(1939)は、ビクター・フレミング監督によって監督され、クラーク・ゲーブル、ヴィヴィアン・リー、レスリー・ハワードが主演した1939年のアメリカの歴史ドラマ映画です。この映画は、マーガレット・ミッチェルの1936年の小説「風と共に去りぬ」に基づいており、南北戦争と復興期のジョージア州を舞台としています。

「愛の勝利」(1939)は、多くの賞を受賞し、その中にはアカデミー賞10部門の受賞が含まれています。この映画は、ヴィヴィアン・リーによるスカーレット・オハラの演技、クラーク・ゲーブルによるレット・バトラーの演技、そしてこの映画の壮大な規模とスペクタクルで有名です。

「愛の勝利」(1939)は、その美しい衣装、セット、撮影で知られています。この映画は、ミッチェルの小説を忠実に再現しようとする努力と、この映画のすべての側面への細心の注意が示されています。

「愛の勝利」(1939)は、時代を超えた愛の物語であり、世界で最も人気のある映画の一つです。この映画は、ロマンス、冒険、ドラマ、すべてを兼ね備えています。この映画は、誰もが楽しめる映画であり、何度も繰り返し観たくなるでしょう。

「愛の勝利」(1939)の受賞歴

「愛の勝利」(1939)の受賞歴

「愛の勝利」は、1939年のアメリカ合衆国の恋愛ドラマ映画であり、ウィリアム・ワイラー監督、キャサリン・ヘプバーン、キャリー・グラント主演である。この映画は11部門でアカデミー賞にノミネートされ、4部門で受賞した。

映画の受賞歴は以下の通りである。

* オスカー賞の作品賞受賞
* オスカー賞の監督賞受賞ウィリアム・ワイラー
* オスカー賞の主演女優賞受賞キャサリン・ヘプバーン
* オスカー賞の脚色賞受賞ロバート・E・シャーウッド、エリック・ケーン

「愛の勝利」は、アカデミー賞で4部門を受賞した初の映画である。この映画は、キャサリン・ヘプバーンの最初のアカデミー賞受賞作でもあり、彼女は史上初めて3度アカデミー賞を受賞した女優となった。

タイトルとURLをコピーしました