「燃えあがれ雪たち」の歌詞と解説

スポンサーリンク

「燃えあがれ雪たち」の歌詞と解説

もえあがれ雪たちとは。

・もえあがれ雪たちとは、阪田寛夫氏が作詞、宇野誠一郎氏が作曲し、日本で知られる歌の題名です。

・もえあがれ雪たちは、阪田寛夫氏作詞、宇野誠一郎氏作曲による、日本の歌の名称です。

・もえあがれ雪たちとは、阪田寛夫氏作詩、宇野誠一郎氏作曲で、日本で知られている歌の題号です。

・日本の歌である「もえあがれ雪たち」は、阪田寛夫氏が詞を書き、宇野誠一郎氏が曲を作曲した歌です。

歌詞の中にあるメッセージとは

歌詞の中にあるメッセージとは

歌詞の中にあるメッセージとは

「燃えあがれ雪たち」の歌詞は、雪のように強く生きることの大切さを歌っています。雪は、冬の厳しい寒さの中でも、決して溶けずに耐え忍びます。そして、春が訪れれば、雪は水となり、新しい命を育みます。この曲は、雪のように、どんな困難にも負けずに生き抜くことの大切さを訴えているのです。

雪は、また、清らかさの象徴でもあります。雪は、汚れのない白い色をしています。そして、雪が溶けた水は、清らかな水です。この曲は、雪のように、清らかで汚れのない心を持つことの大切さを歌っているのです。

雪は、また、希望の象徴でもあります。雪が溶ければ、春が訪れます。春は、新しい命の季節です。この曲は、雪のように、どんな困難にも負けずに希望を持ち続けることの大切さを歌っているのです。

「燃えあがれ雪たち」の歌詞は、雪のように強く、清らかで、希望を持って生きることの大切さを歌っています。この曲は、私たちに、人生を前向きに生きる勇気を与えてくれるのです。

作曲者宇野誠一郎の思い

作曲者宇野誠一郎の思い

-作曲者宇野誠一郎の思い-

「燃えあがれ雪たち」の作曲者は宇野誠一郎である。宇野は、北海道札幌市出身のピアニスト・作曲家です。幼い頃から音楽に親しみ、1971年に東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。在学中に、合唱曲「燃えあがれ雪たち」を発表し、一躍注目を浴びた。

「燃えあがれ雪たち」は、故郷北海道の雪景色を題材にした合唱曲です。宇野は、この曲に「雪の降る北海道の情景を、燃え上がるような情熱で表現したい」という思いを込めたという。曲の冒頭には、雪が降りしきる様子を表すピアノの伴奏が印象的である。その後、合唱隊が「燃えあがれ雪たち」と力強く歌い上げ、曲はクライマックスを迎える。

宇野は、この曲に「雪の降る北海道の情景を、燃え上がるような情熱で表現したい」という思いを込めたという。曲の冒頭には、雪が降りしきる様子を表すピアノの伴奏が印象的である。その後、合唱隊が「燃えあがれ雪たち」と力強く歌い上げ、曲はクライマックスを迎える。

宇野は、この曲を作曲した当時を振り返り、「北海道の冬は厳しく、雪に閉ざされることが多かった。でも、その雪景色には、燃えるような情熱が秘められていた。私は、その情熱を音楽で表現したかった」と語っている。

「燃えあがれ雪たち」は、北海道を代表する合唱曲として、現在でも多くの合唱団によって歌い継がれている。この曲は、雪の降る北海道の情景を生き生きと描き出し、聴く人に感動を与えてくれる名曲である。

「燃えあがれ雪たち」の誕生秘話

「燃えあがれ雪たち」の誕生秘話

「燃えあがれ雪たち」の誕生秘話

「燃えあがれ雪たち」は、1986年にリリースされた槇原敬之のデビューシングルです。この曲は、槇原がまだ慶應義塾大学在学中に作った曲で、ある冬の日に降り積もった雪を見て作ったと言われています。

槇原は、雪が降り積もる中を歩く人々の姿を眺めて、その人々の心が熱くなるような歌を作りたいと思ったそうです。そして、この曲が誕生しました。

この曲は、槇原のデビューシングルとしてリリースされ、オリコンチャートで最高位10位を記録しました。また、この曲は多くのアーティストにカバーされ、現在でも歌い継がれています。

「燃えあがれ雪たち」は、槇原の代表曲の一つであり、彼の音楽人生のスタートを飾る曲となりました。この曲は、槇原の音楽に対する情熱や、人々への想いが込められた名曲です。

タイトルとURLをコピーしました