マクロスFとは?

スポンサーリンク

マクロスFとは?

マクロスFとは。

「マクロスF」は、2008年4月~9月に毎日放送、TBS系列で放映された日本のテレビアニメです。サテライトによって制作され、中村悠一さんなどが声を担当しました。これは「マクロス」テレビシリーズの第3作であり、劇場版が複数制作されています。2009年、東京国際アニメフェアにてテレビ部門優秀作品賞を受賞しました。

ストーリー紹介

ストーリー紹介

マクロスFのストーリーは、西暦2059年の宇宙を舞台に展開する。地球人は、ゼントラーディ人の星、ドルメキアへの領有権を巡り、戦争を繰り広げていた。

そんな中、地球生まれのゼントラーディ人であるアルト・サメジマは、音楽の力を使って戦争を止めるために、ゼントラーディ人の歌姫、シェリル・ノームと出会い、共に音楽活動を開始する。

アルトとシェリルの歌は、人々の心を癒し、戦争を止めるために貢献する。しかし、戦争は依然として続いており、アルトとシェリルは、戦争を止めるために、さらに多くの歌を歌い、人々の心を動かす必要がある。

アルトとシェリルの前に現れたのは、ゼントラーディ人の指揮官であるボドルザーで、彼はゼントラーディ人の星、ドルメキアを侵略し、地球人を滅亡させようとしていた。

アルトとシェリルは、ボドルザーの野望を阻止するために、最後の歌を歌い、人々の心を一つにする。そして、人々の心が一つになったことで、奇跡が起こり、ボドルザーは倒され、戦争は終結する。

キャラクター紹介

キャラクター紹介

-マクロスFのキャラクター紹介-

マクロスFは、2008年に放送された日本のアニメーションテレビシリーズです。西暦2059年の宇宙を舞台に、銀河を巡る旅をする超空間艦「マクロス・フロンティア」のクルーと、異星生命体「バジュラ」との戦いを描いた作品です。

マクロスFには、魅力的なキャラクターが多数登場します。主人公のアルト・サランは、マクロス・フロンティアのパイロットであり、天才的なミュージシャンでもあります。ヒロインのシェリル・ノームは、銀河を股にかけて活躍する伝説の歌姫です。そしてもう一人のヒロインであるランカ・リーは、マクロス・フロンティアのオペレーターであり、天真爛漫な少女です。

アルト、シェリル、ランカの3人は、マクロス・フロンティアのクルーとして、バジュラとの戦いに身を投じます。そして、その中で彼らは、友情、愛情、そして音楽の力について学んでいきます。

マクロスFのキャラクターたちは、それぞれに個性豊かで、魅力的なキャラクターです。彼らは、視聴者に夢と希望を与えてくれる、素晴らしいキャラクターたちです。

-アルト・サラン-

アルト・サランは、マクロス・フロンティアのパイロットであり、天才的なミュージシャンでもあります。彼は、マクロス・フロンティアのエースパイロットであり、数々の戦果を挙げています。また、彼は天才的なミュージシャンでもあり、マクロス・フロンティアの艦内でライブも行っています。

アルトは、正義感の強い熱血漢であり、常に仲間のことを考えています。また、彼は音楽を愛しており、音楽の力を使って人々を幸せにしたいと思っています。

-シェリル・ノーム-

シェリル・ノームは、銀河を股にかけて活躍する伝説の歌姫です。彼女は、その圧倒的な歌唱力と美貌で、多くのファンを魅了しています。シェリルは、アルトとは幼馴染であり、彼に好意を抱いています。しかし、彼女は自分の夢を追い求めるために、アルトと離れ離れになってしまいます。

シェリルは、プライドが高く、負けず嫌いな性格をしています。しかし、彼女は仲間思いの優しい一面も持っています。また、彼女は音楽を愛しており、音楽の力を使って人々を幸せにしたいと思っています。

-ランカ・リー-

ランカ・リーは、マクロス・フロンティアのオペレーターであり、天真爛漫な少女です。彼女は、アルトとシェリルの親友であり、彼らと力を合わせてバジュラと戦います。ランカは、歌を歌うことが大好きであり、いつかシェリルのような歌手になりたいと思っています。

ランカは、明るく元気な性格をしています。彼女は、いつも笑顔で、みんなを元気付けてくれます。また、彼女は思いやりのある優しい一面も持っています。そして、彼女は音楽を愛しており、音楽の力を使って人々を幸せにしたいと思っています。

楽曲紹介

楽曲紹介

楽曲紹介

マクロスFでは、数々の名曲が登場します。その中でも、特に注目したいのが「トライアングラー」です。この曲は、物語の序盤でランカ・リーが歌う挿入歌として使用され、彼女の切ない恋心を表現しています。また、中盤では、シェリル・ノームが歌う「ライオン」が印象的です。この曲は、シェリルの力強い歌声と、彼女が抱く強い決意を感じさせる歌詞で、多くのファンに愛されています。そして、物語のクライマックスで流れる「射手座☆午後九時Don’t be late」は、ランカとシェリルの二人の歌声が重なり合う感動的なデュエットソングです。この曲は、二人の友情と絆の強さを表現しており、作品を締めくくるにふさわしい一曲となっています。

マクロスFの楽曲は、どれもが物語に寄り添うように作られており、作品の世界観をより深く理解するのに役立ちます。ぜひ、マクロスFを鑑賞する際には、楽曲にも注目してみてください。

タイトルとURLをコピーしました