「メグレと老外交官の死」について

スポンサーリンク

「メグレと老外交官の死」について

メグレと老外交官の死とは。

「メグレと老外交官の死」は、ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンが1960年に発表したミステリー小説です。原題はフランス語で「メグレと年老いた男たち」という意味です。この作品は、「メグレ警部」シリーズの一編として知られています。

あらすじ

あらすじ

「メグレと老外交官の死」はジョルジュ・シムノンの人気推理小説シリーズの1作です。この物語は、パリ警察のジュール・メグレ警視が、外交団の一員である老外交官の死を捜査するところから始まります。

メグレは捜査を開始し、外交官の死が単なる事故ではないことをすぐに悟ります。外交官は毒殺され、メグレは容疑者を絞り込むために外交団のメンバーに聞き込みを開始します。メグレは捜査を進めるにつれて、外交官の死が国際的な陰謀の一部であることを発見します。

外交団の中には、外交官の死に関与していると思われる人物が何人もいます。メグレは、外交官の秘書である若い女性、外交官の妻、外交官のライバルである外交官など、さまざまな人物を疑います。メグレは、容疑者たちの過去を調べ、彼らの動機を明らかにしようとします。

メグレは、捜査を進めるにつれて、外交官の死が、単なる個人の犯罪ではなく、国際的な陰謀の一部であることを知ります。メグレは、外国の諜報機関が外交官の死に関与していることを突き止めます。メグレは、犯人を逮捕し、国際的な陰謀を阻止するために奔走します。

登場人物

登場人物

-登場人物-

「メグレと老外交官の死」には、魅力的なキャラクターが数多く登場します。主人公のメグレ警部は、鋭い洞察力と粘り強い捜査で知られるベテランの刑事です。老外交官のルクレール氏も、重要な役割を果たす人物です。彼は、長い外交官としてのキャリアを持つインテリジェントな紳士であり、メグレの捜査に協力します。

また、ルクレール氏の娘であるフランソワーズも、物語の中で重要な役割を果たします。彼女は美しく聡明な女性で、メグレの捜査に協力していくうちに、彼の魅力に惹かれていきます。

さらに、ルクレール氏の屋敷に住む使用人たちも、物語の中で重要な役割を果たします。彼らは、ルクレール氏の死の謎を解くための重要な情報を提供してくれます。

これらの魅力的なキャラクターたちが織りなすストーリーは、ミステリーファンを最後まで飽きさせません。

読者の感想

読者の感想

「メグレと老外交官の死」を読んだ読者からの感想はさまざまです。

「メグレと老外交官の死」は、ジョルジュ・シムノンのミステリー小説です。1954年に出版され、世界中で翻訳されました。この小説は、パリを舞台に、老外交官の死を捜査するメグレ警視の活躍を描いています。

読者の中には、この小説のミステリーとしての面白さを指摘する人がいます。犯人が誰なのか、なぜ老外交官を殺したのか、その動機は何なのか、といった謎が巧妙に張り巡らされており、読者は最後まで目が離せません。

また、この小説の社会派としての側面を指摘する人もいます。この小説は、第二次世界大戦後のフランスの社会情勢を背景にしており、外交官の死が単なる殺人事件ではなく、国際政治の陰謀に関連していることが示唆されています。

さらに、この小説の文学的な価値を指摘する人もいます。シムノンの文章は、簡潔で洗練されており、読者に鮮明なイメージを与えます。また、メグレ警視というキャラクターは、魅力的で親しみやすく、読者はメグレと一緒に事件を捜査しているような気分になります。

「メグレと老外交官の死」は、ミステリー小説として、社会派小説として、文学作品として、さまざまな側面を持った小説です。読者は、自分の好みに合った楽しみ方ができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました