→ メグレ保安官になる

スポンサーリンク

→ メグレ保安官になる

メグレ保安官になるとは。

「メグレ保安官になるとは」は、1949年に発行されたベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンのミステリー小説です。原題は《〈仏〉Maigretchezlecoroner》で、「メグレ警部(警視)」シリーズの一作です。

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンのミステリー小説

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンのミステリー小説

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンは、20世紀を代表するミステリー作家のひとりです。その中でも「メグレ警視」シリーズは、世界中で愛されている人気作です。メグレ警視は、パリ警視庁の刑事であり、その卓越した洞察力と捜査能力で難事件を解決していくのが特徴です。シムノンは、メグレ警視をモデルとした小説を100作以上発表しており、その中には「メグレと死体の男」「メグレと赤い犬」「メグレと若い女」などの名作が含まれています。メグレ警視シリーズは、そのリアルな描写と心理描写で、読者を魅了してきました。また、メグレ警視の人間味あふれるキャラクターも人気の秘密です。メグレ警視は、正義感の強い人物ですが、同時に温かい人間味も持ち合わせています。そのため、読者はメグレ警視に親近感を抱き、一緒に事件を解決していく感覚を味わうことができます。

「メグレ警部(警視)」シリーズの一作

「メグレ警部(警視)」シリーズの一作

「メグレ警部(警視)」シリーズの一作

「メグレ警部」シリーズは、フランスの作家ジョルジュ・シムノンが1929年から1972年まで執筆した推理小説シリーズです。シリーズは、パリの警察官であるジュール・メグレ警部を主人公としています。メグレ警部は、鋭い観察力と推理力で難事件を解決していきます。

「メグレ保安官になる」は、「メグレ警部」シリーズの一作です。この小説は、メグレ警部がパリから田舎の町に転任したところから始まります。メグレ警部は、新しい町でいくつかの難事件を解決していきます。

「メグレ保安官になる」は、1954年に出版されました。この小説は、シムノンの他の作品と同様に、世界中で人気を博しました。メグレ警部は、シムノンが生み出した最も有名なキャラクターの一人です。

1949年初版公開

1949年初版公開

1949年初版公開

1949年、シムノンは『メグレ警視』第1作目となる『メグレ警視の逆転』を出版した。この作品は、瞬く間にベストセラーとなり、メグレ警視は一躍人気キャラクターとなった。

メグレ警視は、パリ警視庁のベテラン警部である。彼は、鋭い洞察力と豊富な経験を活かして、難事件を次々と解決していく。メグレ警視の人気の秘密は、彼の親しみやすさと人間らしさにある。彼は、犯人に対して決して冷酷ではなく、常に理解を示そうとする。また、彼は部下や市民に対してとても親切で、常に彼らのことを気にかけている。

メグレ警視は、シムノンによって合計75作の短編と32作の長編に登場する。これらの作品は、世界中で翻訳され、読まれている。メグレ警視は、世界で最も人気のある探偵小説のキャラクターの一人である。

タイトルとURLをコピーしました