「メグレたてつく」解説

スポンサーリンク

「メグレたてつく」解説

メグレたてつくとは。

「メグレたてつくとは」は、ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンによるミステリー小説です。1964年に発表されました。原題はフランス語で「Maigret se défend」で、日本語では「メグレ警部(警視)」シリーズの一作として知られています。

作品概要

作品概要

「メグレたてつく」は、ジョルジュ・シムノンによる長編推理小説です。1954年に発表され、メグレ警視シリーズの35作目に当たります。

物語は、パリの街角で起きた殺人事件から始まります。被害者は、若い女性で、首を絞められて殺されていました。メグレ警視は、捜査に乗り出しますが、事件は難航します。被害者には、目立った敵はおらず、動機も不明でした。しかも犯罪現場があるアパルトマンの住人は、そろって旅行に出かけており、捜査に協力してくれません。

そんな中、メグレは、被害者の部屋で一枚のメモを見つけます。メモには、「メグレたてつく」と書かれていました。メグレは、このメモが犯人からの挑戦状だと考え、捜査にさらに力を入れます。

捜査を進めるうちに、メグレは、被害者が、ある劇団の女優だったことを突き止めます。劇団は、最近、新しい公演を準備しており、被害者は、その公演の主役を務める予定でした。メグレは、劇団のメンバーを調べ上げ、被害者と劇団の演出家との間に不倫関係があったことを突き止めます。

メグレは、演出家を犯人と疑い、彼を尋問します。しかし、演出家は、犯行を否認します。メグレは、演出家のアリバイを崩すために、さらに捜査を進めます。

やがて、メグレは、演出家の妻が、被害者の殺害に関与していることを突き止めます。妻は、夫の浮気を知って激怒し、被害者を殺害したのです。

メグレは、妻を逮捕し、事件を解決します。しかし、メグレは、妻を情状酌量し、裁判での減刑を嘆願します。

あらすじ

あらすじ

「メグレたてつく」は、ジョルジュ・シムノンの1954年に出版された推理小説です。この小説は、パリを舞台に、警視メグレが、若い女性がカフェの店員を殺害したとされる事件を捜査する物語です。メグレは、一見明らかな事件ですが、その背後には複雑な人間関係が隠されていることを発見します。

物語は、パリのカフェで若い女性が店員を殺害したという通報を受け、メグレが現場に到着するところから始まります。メグレは、若い女性が自首しており、犯行を認めていることを知る。しかし、メグレは、若い女性が犯人であると信じることを拒否します。彼は、若い女性に尋問を行い、彼女の動機やアリバイを調べます。

メグレは、捜査を進めるうちに、若い女性が殺害された店員と恋愛関係にあったことを発見します。また、若い女性が、店員の妻の嫉妬心を恐れていたことも判明します。メグレは、若い女性が、店員の妻から逃れるために、店員を殺害したのではないかと考え始めます。

メグレは、捜査を進め、若い女性の無実を証明する証拠を収集します。そして、最終的には、店員の妻が、夫の浮気を知って嫉妬に駆られ、夫を殺害したという真実を明らかにします。メグレは、若い女性を釈放し、事件を解決します。

登場人物

登場人物

登場人物

メグレ警視 警察官僚で、パリ警視庁の主任警視。鋭い洞察力と推理力で数々の難事件を解決してきた。

リュカ メグレ警視の部下で、若い刑事。メグレ警視を尊敬しており、彼から多くのことを学んでいる。

ジャベール 警察官僚で、メグレ警視の同僚。優秀な刑事だが、融通が利かず、頑固な性格。

シモン 検察官で、メグレ警視と協力して難事件を解決してきた。冷静で理知的な性格で、メグレ警視の良き相談相手である。

マドレーヌ メグレ警視の妻で、理解ある女性。メグレ警視の仕事に協力しており、彼の良き相談相手である。

ルイーズ メグレ警視の娘で、若い女性。活発で好奇心旺盛な性格で、メグレ警視の事件に興味を持っている。

ジョルジュ メグレ警視の息子で、若い男性。真面目で責任感の強い性格で、メグレ警視の仕事に協力している。

タイトルとURLをコピーしました