好き!すき!!魔女先生

スポンサーリンク

好き!すき!!魔女先生

好き!すき!!魔女先生とは。

「好き!すき!!魔女先生」は、1971年10月から1972年3月までTBS・朝日放送系列で放送された、全26話の日本の特撮テレビ番組です。原作は石ノ森章太郎、脚本は辻真先ほか、監督は山田稔ほかです。出演者は、菊容子、潮万太郎、牧冬吉、森本レオほかです。

ストーリー

ストーリー

「好き!すき!!魔女先生」のストーリーは、主人公の矢嶋りゅうが、魔女である美嶋先生と出会い、その後、魔法使いの世界に巻き込まれていくというものです。美嶋先生は、りゅうがのクラスの担任の先生で、とても美人で、りゅうがは一目惚れしてしまいます。しかし、美嶋先生は魔女で、りゅうがは魔法の世界に巻き込まれていくことになります。

りゅうがは、美嶋先生に魔法を教わり、魔法使いとして成長していきます。そして、美嶋先生と恋に落ちます。しかし、美嶋先生は、魔法使いの世界の掟で、人間と恋をすることが禁じられています。そのため、りゅうがと美嶋先生は、さまざまな困難に直面することになります。

最終的に、りゅうがと美嶋先生は、魔法使いの世界の掟を破り、結婚します。そして、幸せに暮らしていくことになります。

登場キャラクター

登場キャラクター

「好き!すき!!魔女先生」に登場するキャラクターは、それぞれが個性豊かで魅力的で、読者を楽しませてくれます。主人公の飛鳥は、魔女であることを隠して学校の教師をしている女性です。彼女は優しい性格で、生徒たちから慕われていますが、時にはドジな一面も見せてくれます。

また、飛鳥の幼なじみである千倉は、高校の人気者です。彼は頭がよくてスポーツも万能、さらにイケメンで女子生徒からモテモテです。しかし、実は彼は飛鳥のことが好きで、常に飛鳥を気にしています。

さらに、飛鳥の同僚教師である鬼塚は、飛鳥の敵対者です。彼は魔女を毛嫌いしていて、飛鳥の正体を暴こうと躍起になっています。彼は手段を選ばず、時には卑怯な手を使って飛鳥を追い詰めようとします。

このように、「好き!すき!!魔女先生」には個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。彼らが織りなすストーリーは、読者を楽しませてくれること間違いなしです。

挿入歌

挿入歌

挿入歌

「好き!すき!!魔女先生」には、20を超える挿入歌が登場します。これらの挿入歌は、物語の雰囲気を盛り上げる役割を果たしており、作品をより一層楽しめるものとしています。

挿入歌の中でも特に有名なのが、オープニングテーマの「魔女っ子めぐちゃん」とエンディングテーマの「ハッピーバースディ」です。これらの曲は、軽快なテンポと明るいメロディーが特徴的で、多くの人々に親しまれています。

また、挿入歌の中には、ストーリーの重要な場面で使用されるものもあります。例えば、第20話「魔女界の危機」では、魔女界の女王であるサタンローズが、娘のメグを救うために命を落とすシーンで使用された「愛のバラード」は、その切ないメロディーと歌詞が印象的です。

「好き!すき!!魔女先生」の挿入歌は、いずれも名曲揃いです。これらの挿入歌を聴くと、作品の世界観に浸ることができ、より一層楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました