「熱っぽいの!」の思い出

スポンサーリンク

「熱っぽいの!」の思い出

熱っぽいの!とは。

「熱っぽいの!」は、1988年4月から7月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。全11回。脚本は大久保昌一良と土屋斗紀雄が手がけ、南野陽子、村上弘明、田代まさし、工藤静香などが出演しました。ラブコメディのジャンルに属するドラマです。

ドラマの概要

ドラマの概要

「熱っぽいの!」の思い出

ドラマの概要

「熱っぽいの!」は、1987年10月13日から1988年4月5日まで、毎週火曜日2100 – 2154に日本テレビ系列で放送された日本のテレビドラマである。平均視聴率22.1%、最高視聴率27.8%を記録した。

このドラマは、薬剤師を目指す女子大生・香取あやを主人公に、大学生活や恋、家族との関係などを描いた青春ドラマである。あやは、大学で出会った先輩・高柳健介に恋をするが、健介はあやの親友・沢田由香里と付き合っていた。あやは、健介への想いを胸に、大学生活を送りながら、薬剤師を目指して勉強を続けていく。

ある日、あやは、健介と由香里が別れたことを知る。あやは、健介に告白するが、健介はあやの想いに応えることはできない。あやは、健介への想いを断ち切り、薬剤師になるという夢に向かって突き進んでいく。

「熱っぽいの!」は、青春の甘酸っぱさや、恋の切なさなどを描いたドラマとして、多くの視聴者から支持された。また、あやが薬剤師を目指す姿は、多くの若者に夢と希望を与えた。このドラマは、今もなお、多くの人々に愛されている。

キャストとキャラクター

キャストとキャラクター

「熱っぽいの!」のキャストとキャラクター

「熱っぽいの!」は、1980年代に放映された人気テレビドラマです。このドラマは、小さな町の高校を舞台に、高校生たちの日常や恋愛模様を描いたものでした。

ドラマには、個性的なキャラクターがたくさん登場しました。主人公の熱っぽいの健は、いつも元気で前向きな少年です。健の親友である太田幸雄は、お調子者でトラブルメーカーですが、根は優しい少年です。健のクラスメートである水野美樹は、成績優秀で容姿端麗な少女であり、健の憧れの存在です。

「熱っぽいの!」は、キャストの好演もあって、大ヒットしました。ドラマは、1980年代の若者たちの間で大きなブームを巻き起こし、社会現象となりました。ドラマの主題歌である「まっ赤なスポーツカー」も大ヒットし、多くの若者がカラオケで歌いました。

「熱っぽいの!」は、今もなお多くの人々に愛されているドラマです。ドラマは、DVD化されており、レンタルビデオ店や動画配信サービスで視聴することができます。

印象に残っているシーン

印象に残っているシーン

印象に残っているシーン

「熱っぽいの!」は、数多くの印象的なシーンで彩られた作品ですが、その中でも特に記憶に残っているシーンがあります。

一つは、主人公の小学5年生、田中太郎が、夏休み中に熱を出して寝込んでいるシーンです。太郎は、高熱で朦朧とした意識の中、さまざまな夢や幻覚を見ます。その中で、太郎は、自分が学校でいじめられているシーンや、両親が離婚するシーンなど、つらい出来事を思い出します。しかし、太郎は、夢や幻覚に負けずに、熱と闘い続けます。

もう一つは、太郎が、熱が下がった後に、学校に復帰するシーンです。太郎は、まだ体が弱々しいながらも、友達の温かい迎えによって、元気を取り戻していきます。そして、太郎は、友達と一緒に、夏休み最後の思い出を作ります。

これらのシーンは、どちらも太郎の成長を描いた印象的なシーンです。太郎は、熱に苦しみながらも、夢や幻覚に負けずに闘い続け、最終的には、熱を克服して学校に復帰します。そして、太郎は、友達の温かい迎えによって、元気を取り戻し、夏休み最後の思い出を作ります。これらのシーンは、太郎の強さと友情の大切さを教えてくれる、感動的なシーンです。

タイトルとURLをコピーしました