「3年目の浮気」の思い出

スポンサーリンク

「3年目の浮気」の思い出

3年目の浮気とは。

「3年目の浮気」は、1982年に発売され、佐々木勉が作詞・作曲を手がけた日本のポピュラー音楽。男女デュオユニットのヒロシ&キーボーが歌い、第15回日本有線大賞最優秀新人賞を受賞しました。カラオケなどで大ヒットし、翌年にはアンサーソングである「5年目の破局」も発売されました。

「3年目の浮気」とは

「3年目の浮気」とは

小見出し「3年目の浮気」とは

「3年目の浮気」は、結婚3年目頃によく起こる浮気を指します。これは、結婚生活に慣れて新鮮さが失われたり、倦怠期に陥ったりすることが原因と言われています。また、仕事や育児などで忙しくなり、夫婦のコミュニケーションが不足することも影響していると考えられています。

浮気は、夫婦関係を壊す可能性があるため、注意が必要です。浮気をしてしまった場合は、すぐにパートナーに謝罪し、二度と浮気しないことを誓う必要があります。また、夫婦で話し合い、浮気の原因を解決する必要があります。

「3年目の浮気」のヒット

「3年目の浮気」のヒット

小見出し「「3年目の浮気」のヒット」

1967年11月5日に発売された「3年目の浮気」は、日本の音楽チャートで着実に上昇し、最終的にはトップに達した。この曲は、その軽快なリズムとキャッチーなメロディーで、聴衆の間で瞬く間に人気となった。また、歌詞は、愛と浮気のテーマを巧みに表現しており、多くの人々の共感を呼んだ。この曲は、1968年末までに累計150万枚を売り上げ、大ヒットとなった。

「3年目の浮気」のヒットは、歌謡界に大きな影響を与えた。この曲は、従来の演歌とは一線を画しており、新しい時代の歌謡曲の幕開けとなった。また、この曲のヒットにより、それまで男性歌手が主流だった歌謡界に、女性歌手が台頭するきっかけとなった。

「3年目の浮気」のアンサーソング

「3年目の浮気」のアンサーソング

「3年目の浮気」のアンサーソング

「3年目の浮気」は、1968年に発売された和田弘とマヒナスターズのシングル曲です。作詞は阿久悠、作曲は宮川泰、編曲は高田弘です。同曲は、和田弘とマヒナスターズのデビュー曲であり、ロングセラーヒットを記録しました。また、同曲は、和田アキ子のカバーバージョンもヒットしました。

「3年目の浮気」は、歌詞の内容が男性の浮気を前面に出した内容であることから、発売当初から物議を醸しました。しかし、同曲は、和田弘とマヒナスターズの爽やかな歌唱と、阿久悠の巧みな歌詞によって、多くの人から支持されました。

「3年目の浮気」の発売から数年後、同曲のアンサーソングとして、和田アキ子の「雨の慕情」が発売されました。作詞は阿久悠、作曲は宮川泰、編曲は高田弘です。「雨の慕情」は、「3年目の浮気」と同じく、男性の浮気を題材としています。しかし、「3年目の浮気」が男性の浮気をポジティブに描いているのに対し、「雨の慕情」は、男性の浮気をネガティブに描いています。

「雨の慕情」は、「3年目の浮気」のアンサーソングとして、多くの人から支持されました。同曲は、和田アキ子の力強い歌唱と、阿久悠の巧みな歌詞によって、多くの人の共感を呼びました。

「3年目の浮気」と「雨の慕情」は、いずれもロングセラーヒットを記録した名曲です。同曲は、男性の浮気を題材としながらも、それぞれ異なる視点から恋愛を描いています。そのため、同曲は、現在でも多くの人から親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました