「ヤングアニマル嵐」の思い出

スポンサーリンク

「ヤングアニマル嵐」の思い出

ヤングアニマル嵐とは。

「ヤングアニマル嵐」は、白泉社が月1回第1金曜日に発行していた男性向け漫画雑誌です。2018年に休刊しました。

休刊までの経緯

休刊までの経緯

「ヤングアニマル嵐」とは、1988年6月から1992年9月まで、白泉社から毎月28日に発売されていた青年向け漫画雑誌です。創刊号の表紙は、美樹本晴彦が描いた『機動戦士ガンダムΖΖ』のレコア・ロンドでした。

「ヤングアニマル嵐」休刊までの経緯は、今から振り返ると感慨深いものがあります。1990年、白泉社は社の方針変更により、青年向け漫画雑誌市場から撤退することを決定しました。これに伴い、「ヤングアニマル嵐」も1991年10月号をもって休刊することとなりました。

このニュースは当時、漫画ファンの間で大きな衝撃を与えました。「ヤングアニマル嵐」は、その斬新な構成と連載陣の豪華さで、多くの読者から支持を集めていたからです。しかし、白泉社の決定は覆らず、1991年9月28日、「ヤングアニマル嵐」は最終号を迎えてしまいました。

休刊から20年以上が経った今でも、「ヤングアニマル嵐」を懐かしむ声は少なくありません。その斬新な構成と連載陣の豪華さは、現在でも色褪せることなく、多くの読者の心に残っています。

掲載されていた作品

掲載されていた作品

「ヤングアニマル嵐」の思い出

掲載されていた作品

「ヤングアニマル嵐」には、多くの名作が掲載されていました。その中でも、特に人気が高かったのが「AKIRA」や「キャッツ・アイ」です。

「AKIRA」は、大友克洋氏が1982年から1990年まで連載したSF漫画です。2019年に公開された映画「AKIRA」の原作でもあります。

「キャッツ・アイ」は、北条司氏が1981年から1985年まで連載したミステリー漫画です。1983年にテレビアニメ化され、その後も何度もアニメ化されています。

この2作品以外にも、「ヤングアニマル嵐」には魅力的な作品がたくさん掲載されていました。その一部を紹介します。

●「孔雀王」永井豪氏

●「聖闘士星矢」車田正美氏

●「バオー来訪者」荒木飛呂彦氏

●「北斗の拳」原哲夫氏

●「ドラゴンボール」鳥山明氏

これらの作品は、どれもが日本を代表する漫画として知られており、今でも多くの人々に愛されています。

「ヤングアニマル嵐」は、これらの名作を生み出した伝説の漫画雑誌として、これからも語り継がれていくことでしょう。

ヤングアニマル嵐の今後

ヤングアニマル嵐の今後

ヤングアニマル嵐の今後

「ヤングアニマル嵐」は、2006年から2010年まで放送されていた日本のテレビドラマです。嵐のメンバー全員が出演し、平均視聴率は20%を超えるなど大ヒットしました。

そんな「ヤングアニマル嵐」ですが、2023年現在も続編の制作が待たれています。嵐のメンバーは全員ジャニーズ事務所を退所しており、再結成は難しいと思われていましたが、2021年に開催された「アラフェス」で5人が揃い、大きな話題となりました。

「アラフェス」でのパフォーマンスを見たファンからは、「続編が見たい」「また5人でドラマに出てほしい」という声が多数寄せられ、ヤングアニマル嵐の続編制作への期待が一気に高まりました。

しかし、現時点では続編の制作は正式に発表されていません。嵐のメンバーはそれぞれソロ活動に専念しており、スケジュール調整が難しいことが原因だと思われます。

それでも、ファンの期待は強く、続編の制作を望む声は止まりません。ヤングアニマル嵐の続編が制作されれば、再び嵐のメンバーが揃ってドラマに出演することになり、大きな話題となることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました