「東中学3年5組」の思い出

スポンサーリンク

「東中学3年5組」の思い出

東中学3年5組とは。

1984年10月から12月までTBS系列で放送された日本の学園ドラマ。全10回。脚本は横田与志、出演は南こうせつ、萩原流行、江端郁巳、守屋二郎など。

学園ドラマの金字塔

学園ドラマの金字塔

学園ドラマの金字塔

「東中学3年5組」という学園ドラマをご存じだろうか。1984年にTBS系列で放送されたこのドラマは、それまでの学園ドラマの常識を覆すような斬新な内容で、放送当時大きな話題となった。そして、現在でもなお多くのファンに愛され続けている学園ドラマの名作として語り継がれている。

「東中学3年5組」の舞台は、東京都内のとある中学校。主人公は、この学校の3年5組に在籍する生徒たちだ。彼らは、勉強や恋愛、友情など、様々な問題に悩みながらも、たくましく成長していく。このドラマの魅力は、何といっても生徒たちのリアルな姿を描いていることだ。彼らは、決して完璧な人間ではなく、時には失敗したり、間違ったりすることもある。しかし、そんな彼らだからこそ、視聴者は共感することができ、ドラマに引き込まれていくのだ。

また、「東中学3年5組」は、当時の社会問題にも切り込んでいる。例えば、いじめ、不登校、エイズなど、当時タブーとされていたテーマにも果敢に挑戦している。こうした社会問題を正面から取り上げたことで、このドラマは単なる学園ドラマの枠を超えた、社会派ドラマとして高く評価された。

「東中学3年5組」は、放送から30年以上が経った今でもなお、多くのファンに愛され続けている学園ドラマの名作である。そのリアルな生徒たちの姿、そして社会問題に切り込んだ内容など、このドラマの魅力は今も色褪せない。

南こうせつと萩原流行の共演

南こうせつと萩原流行の共演

「南こうせつと萩原流行の共演」

南こうせつと萩原流行は、東中学3年5組の同級生であり、在学中は親友として過ごしていた。卒業後は、南こうせつは音楽の道、萩原流行は演劇の道に進み、それぞれが第一線で活躍するようになった。

ある日、南こうせつは友人と食事をしていたとき、萩原流行が主演する舞台のチラシを見かけた。彼はすぐに萩原流行に連絡を取り、舞台を観に行きたいと伝えた。萩原流行は快諾し、南こうせつに観劇チケットを送った。

舞台当日、南こうせつは会場に足を運んだ。舞台は大変な盛り上がりを見せており、萩原流行の演技も素晴らしかった。南こうせつは、萩原流行の演技に感銘を受け、終演後は楽屋を訪ねて萩原流行に直接祝福の言葉を伝えた。

萩原流行は、南こうせつの訪問をとても喜び、二人は高校時代を思い出したように談笑した。彼らは、何十年も経った今でも変わらない友情の絆を感じていた。

南こうせつと萩原流行の共演は、同級生としての友情の絆を再確認する機会となった。彼らは、これからも互いに支え合い、励まし合いながら、芸能界で活躍し続けていくことだろう。

社会問題を扱ったストーリー

社会問題を扱ったストーリー

「社会問題を扱ったストーリー」

私たちのクラスでは、毎年学期末にクラス全員で一つのストーリーを創作するという活動がありました。その年のテーマは「社会問題」でした。私たちは、社会問題について調べて、グループごとにストーリーを考えました。

私たちのグループは、いじめをテーマにしたストーリーを創作しました。主人公はいじめられた少年で、いじめっ子たちに立ち向かうというものでした。私たちは、いじめは決してあってはならないこと、いじめられたら一人だけで悩まずに誰かに相談することが大切だというメッセージを込めました。

ストーリーを創作する過程では、いじめについて深く考える機会になりました。いじめられたらどうするか、いじめを見かけたらどうするか、などについて話し合いました。また、いじめをなくすためにはどうしたらいいかについても考えました。

この活動を通して、私たちは社会問題について学び、社会問題を解決するために自分たちにできることは何かを考えることができました。また、クラスメートとの絆も深まりました。

タイトルとURLをコピーしました