メモリーの作品紹介とあらすじ

スポンサーリンク

メモリーの作品紹介とあらすじ

メモリーとは。

メモリーとは、米国の作家ロイス・マクマスター・ビショルドによる、宇宙を舞台とした冒険物語の長編SF小説です。1996年に出版され、「ヴォルコシガン・サガ」シリーズの一部です。

作品の概要と背景

作品の概要と背景

-作品の概要と背景-

メモリーは、2015年に公開されたクリストファー・ノーラン監督のサスペンス映画です。レナード・シェルドン、ルーク・ヘムズワース、レベッカ・ファーガソン、シアン・マーフィー、アンジェラ・サラフィアンなどが出演しています。

この映画は、彼の妻の殺害を解決しなければならない犯罪捜査官レオナルド・シェルビーを中心に展開します。シェルドンは、彼の短期記憶が15分しか続かない後天性逆行性健忘という記憶障害を抱えています。この障害により、彼は情報を覚えておくためにメモ、入れ墨、そして自分の体に刺青をして物事を記憶しようとします。

メモリーは、その複雑なストーリーライン、複雑なキャラクター、および視覚的な美しさで賞賛されました。この映画は、アカデミー賞8部門にノミネートされ、編集賞と音響編集賞を受賞しました。また、英国アカデミー賞7部門にノミネートされ、映画監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞を受賞しました。

あらすじと登場人物

あらすじと登場人物

-あらすじと登場人物-

メモリーは、来年2036年の近未来を舞台としたSFサスペンス映画です。主人公は、警察に勤める刑事の泰三で、彼は難事件の捜査を任されます。その事件とは、ある女性が自宅で殺害されたもので、泰三は事件の真相を追うことになります。

泰三の捜査は、やがてある秘密組織の存在にたどり着きます。その秘密組織は、人間の記憶を操作して、人々を思い通りに操ろうとしていました。泰三は、秘密組織の陰謀を阻止するため、彼らのアジトに潜入します。そこで、彼は秘密組織の首謀者である謎の男と対決することになります。

メモリーには、泰三の他にも、さまざまな登場人物が登場します。その中には、泰三の妻である美咲、泰三の部下である隆太、そして泰三の捜査を助ける謎の女性・マリアなどがいます。それぞれの人物が、物語の中で重要な役割を果たします。

作品の特徴と評価

作品の特徴と評価

作品の特徴と評価

メモリーは、その革新的なストーリーテリングと、音楽、映像、演技の融合で、多くの批評家から絶賛されました。この映画は、その複雑なプロットと、人間関係の微妙な探求で称賛されています。また、ハンス・ジマーによる音楽も高く評価されており、映画の雰囲気を高めるのに役立っています。

この映画はまた、批評家からその暴力的な内容で批判されています。この映画には、いくつかの暴力的なシーンが含まれており、それが一部の批評家に嫌われました。しかし、監督のクリストファー・ノーランは、これらのシーンは映画のストーリーに不可欠であると主張しており、暴力的なシーンは映画のテーマをより効果的に伝えるために必要であると述べています。

全体として、メモリーは革新的なストーリーテリング、音楽、映像、演技の融合で称賛された映画です。この映画はいくつかの批評家からその暴力的な内容で批判されていますが、それでも多くの批評家から絶賛されており、その複雑なプロットと、人間関係の微妙な探求で称賛されています。

タイトルとURLをコピーしました