「緑のオリンピア」について

スポンサーリンク

「緑のオリンピア」について

緑のオリンピアとは。

「緑のオリンピア」は、池波正太郎が1970年に刊行した時代小説短編集。「ひとのふんどし」を改題したもの。

作品の内容と特徴

作品の内容と特徴

「作品の内容と特徴」

「緑のオリンピア」は、1964年の東京オリンピックを記念して作られた、日本とドイツの合作による映画です。監督は、日本側の市川崑とドイツ側のベルンハルト・ヴィッキで、脚本は、日本側の井手俊郎とドイツ側のクラウス・アマンによって書かれています。

映画の主人公は、日本の女子マラソン選手である山田きよ子(演 倍賞千恵子)です。彼女は、東京オリンピックに出場するために、厳しい練習を続けています。しかし、オリンピック直前に、山田は突然倒れてしまいます。医師の診断によると、山田は白血病を患っており、余命はわずか数か月と宣告されます。

山田は、自分が白血病であることを隠して、オリンピックに出場することを決意します。彼女は、オリンピックのマラソンで優勝し、金メダルを獲得します。しかし、山田は、金メダルを獲得した直後に倒れてしまい、そのまま亡くなってしまいます。

「緑のオリンピア」は、山田きよ子の実話を基にした映画です。山田は、1964年の東京オリンピックに出場し、マラソンで優勝しました。しかし、彼女は、オリンピックのマラソンに優勝した直後に白血病で亡くなりました。

「緑のオリンピア」は、山田きよ子の悲劇を描きながら、オリンピックの精神を賛美した映画です。映画は、山田がオリンピックに出場するために、厳しい練習を続ける姿や、山田がオリンピックのマラソンで優勝する姿などを描いています。また、映画は、山田が白血病で亡くなる場面も描いています。

「緑のオリンピア」は、山田きよ子の悲劇を描きながら、オリンピックの精神を賛美した映画です。映画は、山田がオリンピックに出場するために、厳しい練習を続ける姿や、山田がオリンピックのマラソンで優勝する姿などを描いています。また、映画は、山田が白血病で亡くなる場面も描いています。

登場人物紹介

登場人物紹介

「登場人物紹介」

「緑のオリンピア」に登場するのは、個性豊かなキャラクターばかりです。主人公の「大地」は、緑の多い田舎町に住む、自然を愛する少年です。大地は、ある日森の中で不思議な生物に出会い、その生き物と共に、自然を守るために冒険に出かけます。

大地の親友である「花子」は、大地と同じく自然を愛する少女です。花子は、常に大地の側にいて、彼を支えます。大地と花子には、「風太」という犬がいます。風太は、大地と花子の冒険をいつも見守っています。

大地たちの敵となるのは、「闇の勢力」です。闇の勢力は、自然を破壊し、世界を支配しようとしています。闇の勢力は、大地たちの前に様々な障害を立ちはだかせますが、大地たちは仲間と協力して、闇の勢力を倒そうとします。

「緑のオリンピア」は、大地と仲間たちの冒険を描いた物語です。大地たちは、自然を守るために、闇の勢力と戦い、世界を守ろうとします。この物語は、自然の大切さや、仲間の大切さを教えてくれます。

作品の背景とモデル

作品の背景とモデル

「緑のオリンピア」は、1964年東京オリンピックを記念して、彫刻家の朝倉文夫が制作した野外彫刻作品です。場所は東京都新宿区の代々木公園にあります。

「緑のオリンピア」は、円盤型の台座の上に立つ、3人の男性と2人の女性のアスリートの姿を象った彫刻です。男性アスリートは、円盤投げ、走高跳び、マラソンの3種目に分けて分類されています。女性アスリートは、走り幅跳びと100メートル走の2種目に分けて分類されています。

「緑のオリンピア」は、朝倉文夫が東京オリンピックの開催を記念して、制作した作品です。朝倉文夫は、東京オリンピックの開催を前に、オリンピックを題材にした彫刻作品を制作したいと考えていました。そこで、朝倉文夫は、オリンピックの開催を記念して、彫刻作品を制作することを決めました。

「緑のオリンピア」は、朝倉文夫の代表作の一つです。朝倉文夫は、「緑のオリンピア」を制作するにあたって、オリンピックの開催を記念して、彫刻作品を制作したいと考えていました。そこで、朝倉文夫は、オリンピックの開催を前に、オリンピックを題材にした彫刻作品を制作することを決めました。

タイトルとURLをコピーしました