月の上の観覧車:荻原浩の短編小説集の解説

スポンサーリンク

月の上の観覧車:荻原浩の短編小説集の解説

月の上の観覧車とは。

荻原浩さんの2011年に出版された短編小説集である「月の上の観覧車」は、表題作「月の上の観覧車」の他にも、「トンネル鏡」「ゴミ屋敷モノクローム」など、40代以上の人物を主人公とする物語を収録しています。全8作の作品が掲載されています。

荻原浩による「月の上の観覧車」の解説

荻原浩による「月の上の観覧車」の解説

「月の上の観覧車」は、荻原浩の短編小説集で、1960年に発表された。表題作「月の上の観覧車」は、月に観覧車を設置しようとする人々の物語であり、そのほか、「風船」「モグラ」など、宇宙をテーマにした短編小説が収録されている。この短編小説集は、荻原浩の代表作の一つとして知られており、その斬新な発想とユーモアで多くの人に愛されている。

「月の上の観覧車」の物語は、ある日、月の裏側に観覧車を設置しようとする人々が現れることから始まる。この人々は、月面に観覧車を設置することで、宇宙旅行をもっと身近なものにし、人々に宇宙への興味を持たせたいと考えている。しかし、この計画は、宇宙開発庁や科学者たちから反対を受ける。彼らは、観覧車の設置は月の環境を破壊する可能性があるとして、その計画を阻止しようとする。

しかし、観覧車の設置を計画している人々は、諦めない。彼らは、観覧車は月の環境を破壊するどころか、むしろ宇宙旅行を促進して、人々に宇宙への興味を持たせることができると主張する。そして、彼らはついに、宇宙開発庁や科学者たちを説得し、観覧車の設置許可を得ることに成功する。

観覧車は、予定通り月の裏側に設置され、多くの人々が宇宙旅行を楽しむことになる。観覧車に乗って月を一周すれば、地球とは異なる美しい景色を楽しむことができる。また、観覧車から地球を眺めることで、地球の大きさと美しさを感じることができる。

「月の上の観覧車」は、荻原浩の代表作の一つとして知られており、その斬新な発想とユーモアで多くの人に愛されている。この短編小説集は、宇宙をテーマにした物語であり、宇宙旅行をもっと身近なものにするために努力する人々の姿を描いている。

「月の上の観覧車」で描かれる40代以上の人物の姿

「月の上の観覧車」で描かれる40代以上の人物の姿

「月の上の観覧車」では、40代以上の登場人物が多数登場する。彼らは皆、人生の折り返し地点に差し掛かり、それぞれが悩みや苦しみを抱えている。

主人公の男は、40代半ばの会社員。仕事では順調だが、プライベートでは妻との関係がギクシャクしている。息子は反抗期真っ只中で、娘は大学受験を控えている。男は、家族との関係に悩み、自分の生き方に疑問を抱き始めている。

男の妻は、40代前半の専業主婦。夫の仕事に理解はあるが、家事と育児に追われて自分の時間はほとんどない。最近、更年期障害の症状に悩まされ始めている。妻は、自分の身体と心の変化に 戸惑い、将来に不安を感じている。

男の息子は、16歳の高校生。勉強は苦手だが、スポーツ万能で友達も多い。最近、女の子と付き合うようになり、親の言うことを聞かなくなってきた。息子は、大人になることに憧れを抱きつつも、親離れすることに不安を感じている。

男の娘は、18歳の浪人生。成績は優秀だが、大学受験には失敗している。彼女は、自分の将来に迷い、親の期待に応えられずにいることに苦しんでいる。娘は、親の期待に応えたいという思いと、自分のしたいことをしたいという思いの間で葛藤している。

「月の上の観覧車」の文学的価値

「月の上の観覧車」の文学的価値

「月の上の観覧車」は、荻原浩の短編小説集であり、彼の代表作のひとつです。この小説集は、1973年に発表され、その後、多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。

「月の上の観覧車」は、その文学的価値が高いことで知られています。まず、この小説集は、非常に独創的な世界観を持っています。荻原浩は、この小説集の中で、月の上にある観覧車や、空を飛ぶ魚など、現実にはあり得ないものを描いています。しかし、これらの幻想的な要素は、決して突飛ではなく、むしろ、読者を物語の世界に引き込む魅力を持っています。

また、「月の上の観覧車」は、その詩的な文体でも知られています。荻原浩は、この小説集の中で、美しい比喩や、暗示に富んだ表現を多用しています。その文体は、読者に強い印象を与え、物語の余韻を長く残します。

さらに、「月の上の観覧車」は、その人間洞察の深さでも知られています。荻原浩は、この小説集の中で、様々な人間模様を描き出しています。その人間描写は、きめ細やかで、読者に深い共感を与えます。

「月の上の観覧車」は、その文学的価値が高いことで、世界中で読まれている短編小説集です。この小説集は、その独創的な世界観、詩的な文体、人間洞察の深さで、読者を魅了しています。

タイトルとURLをコピーしました