華麗なる晩餐会の殺意

スポンサーリンク

華麗なる晩餐会の殺意

晩餐会の13人とは。

「晩餐会の13人」は、アガサ・クリスティの小説『エッジウェア卿の死』の別題である。

アガサ・クリスティの代表作『エッジウェア卿の死』

アガサ・クリスティの代表作『エッジウェア卿の死』

アガサ・クリスティの代表作『エッジウェア卿の死』は、1933年に発表された推理小説です。この小説は、華麗なる晩餐会の殺意という小見出しで、クリスティの最も有名な作品のひとつとして知られています。

物語は、ロンドンで有名な俳優であるエッジウェア卿が殺害されることから始まります。エッジウェア卿は、妻であるジェーン・ウィルキンソンと、彼女の元夫であるルーク・フィッチェット卿の3人で暮らしていました。エッジウェア卿は、ジェーンとルークの間にできた娘であるカロラインに遺産を残すために、ジェーンと離婚しようとしていました。

しかし、エッジウェア卿は殺害され、ジェーンが犯人として逮捕されます。ジェーンは、エッジウェア卿を殺害した容疑で裁判にかけられ、有罪判決を受けます。しかし、ジェーンは冤罪を訴え、ポアロに助けを求めます。

ポアロは、エッジウェア卿殺害事件の捜査を開始します。ポアロは、ジェーンが犯人ではないことを突き止め、真犯人を逮捕します。真犯人は、エッジウェア卿の遺産を狙っていたルーク・フィッチェット卿でした。

『エッジウェア卿の死』は、ポアロの推理力が冴えわたる作品です。ポアロは、細部にわたる観察力と論理的な思考力で、事件の謎を解き明かしていきます。この小説は、ミステリー小説の傑作として、多くの人々に愛されています。

名探偵ポアロの華麗なる推理

名探偵ポアロの華麗なる推理

名探偵ポアロの華麗なる推理

大見出しの「華麗なる晩餐会の殺意」の下に作られた小見出しは、「名探偵ポアロの華麗なる推理」である。この小見出しは、この物語が、名探偵ポアロが華麗な晩餐会で起きた殺人事件を解決する物語であることを暗示している。

物語は、ある裕福な男が主催する華麗な晩餐会から始まる。晩餐会には、社会の名士や著名人が招待されており、華やかな雰囲気に包まれていた。しかし、その華やかな雰囲気は、突如として起きた殺人事件によって打ち砕かれる。

殺害されたのは、晩餐会の主催者である裕福な男だった。彼は、何者かによって毒殺され、その場で死亡した。警察はすぐに捜査を開始するが、有力な手がかりは得られずにいた。

そんな中、名探偵ポアロが事件の捜査に乗り出す。ポアロは、現場をくまなく調べ、関係者全員に事情聴取を行う。そして、ついに、犯人を突き止める。

犯人は、晩餐会に招待されていたある女性だった。彼女は、裕福な男の愛人であり、彼から財産を奪うために殺害を計画したのである。ポアロは見事な推理で犯人を追い詰め、事件を解決した。

この物語は、名探偵ポアロの華麗な推理を堪能できる作品である。ポアロの鋭い洞察力と巧みな推理は、読者を驚愕させ、最後まで目が離せない展開となっている。

タイトルとURLをコピーしました