ミスマープル「最も卑劣な殺人」徹底解説

スポンサーリンク

ミスマープル「最も卑劣な殺人」徹底解説

最も卑劣な殺人とは。

「卑劣な殺人」は、1964年のイギリス映画で、アガサ・クリスティのミステリー小説「マギンティ夫人は死んだ」を原作としています。映画は、原作ではエルキュール・ポアロが探偵役ですが、ミス・マープルものに翻案されており、マーガレット・ラザフォードがマープルを演じています。監督はジョージ・ポロックです。この映画は劇場公開されていません。

映画の概要とあらすじ

映画の概要とあらすじ

映画の概要とあらすじ

「ミスマープル 最も卑劣な殺人」は、アガサ・クリスティの小説を原作とした2006年のイギリスのテレビ映画である。ジェラルディン・ジェームズがミスマープルを演じ、ティモシー・ダルトンがジョン・ハバード大佐を演じている。

映画は、セント・メアリ・ミードの平和な村で始まる。ミスマープルは、村の教会で開かれた葬儀に出席する。葬儀の後、ミスマープルはジョン・ハバード大佐から、村に新しく引っ越してきたルース・ヴァン・ライディックという女性について相談を受ける。ハバード大佐は、ヴァン・ライディック夫人について不審な点があると感じているという。

ミスマープルは、ヴァン・ライディック夫人を調査し始める。彼女はすぐに、ヴァン・ライディック夫人が過去の殺人事件で有罪判決を受けた元女優であることを知る。ミスマープルは、ヴァン・ライディック夫人が村にいるのは偶然ではなく、何か目的があるのではないかと疑うようになる。

ミスマープルの疑いは、まもなくして現実のものとなる。ヴァン・ライディック夫人は、村の裕福な未亡人であるアリス・プロセロを殺害する。ミスマープルは、プロセロ夫人の殺害事件を調査し、ヴァン・ライディック夫人が犯人であることを明らかにする。

ヴァン・ライディック夫人は、ハバード大佐の娘であるセリアと結婚するために、プロセロ夫人を殺害したことを告白する。彼女は、プロセロ夫人がセリアに良い影響を与えないと考えていたのだ。ミスマープルは、ヴァン・ライディック夫人を警察に引き渡す。

「ミスマープル 最も卑劣な殺人」は、ミステリーとサスペンスに満ちた作品である。ジェラルディン・ジェームズは、ミスマープルを巧みに演じている。映画の原作はアガサ・クリスティの小説「最も卑劣な殺人」である。

ミス・マープルとエルキュール・ポアロの違い

ミス・マープルとエルキュール・ポアロの違い

ミス・マープルとエルキュール・ポアロは、アガサ・クリスティが生み出した2人の名探偵です。ミス・マープルは、イギリスの田舎町セント・メアリ・ミードに住む、穏やかで鋭いおばあさんです。一方、エルキュール・ポアロは、ベルギー出身の私立探偵で、優れた分析力と洞察力を持ち、数多くの難事件を解決してきました。

ミス・マープルとエルキュール・ポアロは、性格や捜査方法は異なりますが、どちらも犯罪を解決する能力に優れています。ミス・マープルは、田舎町の生活の中で、人々のちょっとした変化や言動に注意を払うことで、事件の真相を見抜きます。一方、エルキュール・ポアロは、論理的な思考力と鋭い洞察力を駆使して、事件の真相を解き明かします。

ミス・マープルとエルキュール・ポアロは、どちらもアガサ・クリスティの小説で活躍する名探偵として、多くの読者に愛されています。どちらも犯罪を解決する能力に優れており、それぞれの個性や捜査方法が魅力的です。

映画化の成功と失敗

映画化の成功と失敗

映画化の成功と失敗

ミスマープル「最も卑劣な殺人」は、1961年に公開されたイギリスのミステリー映画です。アガサ・クリスティの1941年の小説『パディントン発4時50分』を原作としており、マーガレット・ラザフォードがミスマープルを演じています。この映画は、ミスマープルの映画シリーズの第2作目で、1960年の『ミス・マープル/牧師館の殺人』に続くものです。

映画は、イギリスのサセックス州の小さな村、サン・メアリ・ミードを舞台にしています。ある日、村の医師の妻、ハルシントン博士の妹、グウェン・ハルシントンが殺害されます。グウェンは、村の住人から嫌われており、殺害されたのは当然だと考える人もいました。しかし、ミスマープルは、グウェンが殺害されたのは、何か秘密を知っていたからだと考え、独自の調査を開始します。

ミスマープルは、村の住人に聞き込みを行い、グウェンが村の若い男性、デニス・グリーンと関係を持っていたことを突き止めます。デニスは、グウェンが妊娠したことを知って、彼女を殺害したと自白します。しかし、ミスマープルは、デニスが犯人ではないと確信しており、真犯人を捜索します。

ミスマープルが犯人にたどり着いたのは、村の牧師の妻、ヴァイオレット・ヘロンでした。ヴァイオレットは、グウェンがデニスと関係を持っていることを知っており、グウェンが村を去ることを望んでいました。ヴァイオレットは、グウェンを殺害し、デニスに罪を着せようとしたのです。

映画は、ミスマープルが真犯人を暴き、村に平和が戻るという結末を迎えます。映画は、批評家から好評を受け、ミスマープルのキャラクターをうまく表現していると評価されました。しかし、原作小説とは異なる部分もあり、原作ファンの中には、映画に不満を抱く人もいました。

タイトルとURLをコピーしました