目薬αで殺菌します→ 森博嗣の長編推理小説

スポンサーリンク

目薬αで殺菌します→ 森博嗣の長編推理小説

目薬αで殺菌しますとは。

森博嗣の長編推理小説「目薬αで殺菌します」は、2008年に刊行され、Gシリーズの第7作である。

ストーリー概要

ストーリー概要

「目薬αで殺菌します→」は、森博嗣の長編推理小説です。1996年に単行本が講談社から刊行され、2002年に文庫版が講談社ノベルスから刊行されました。本作は、森博嗣の初期の作品であり、彼の代表作である「Vシリーズ」の第1作目でもあります。

ストーリーは、大学生の犀川創平が、ある日、図書館で女性が殺害される現場を目撃することから始まります。犯人は、被害者の女性の目に目薬をさした後、逃走します。犀川は、この事件をきっかけに、被害者の女性の妹である西之園萌絵と出会い、一緒に事件の捜査に乗り出します。

捜査を進めていくうちに、犀川と西之園萌絵は、被害者の女性の目から検出された目薬が、ある製薬会社が開発した新薬であることを突き止めます。新薬は、目薬として使用すると、目に殺菌効果を発揮するのですが、過剰に摂取すると、死に至ることもあります。

犀川と西之園萌絵は、新薬を開発した製薬会社を調べた結果、同社が新薬の副作用を隠蔽するために、被害者の女性を殺害したのではないかという疑念を抱きます。犀川と西之園萌絵は、製薬会社の関係者に接触し、新薬の副作用について調査を進めます。

やがて、犀川と西之園萌絵は、新薬の副作用を隠蔽するために、製薬会社が被害者の女性を殺害したという確信を得ます。犀川と西之園萌絵は、製薬会社を告訴し、裁判で製薬会社の罪を暴きます。

主要登場人物

主要登場人物

「主要登場人物」

* 森博嗣この小説の主人公で、薬学博士であり、目薬メーカー「α製薬」の社長でもある。冷静沈着で聡明な性格で、事件解決に挑む。
* 青木義高森博嗣の大学時代の友人であり、「α製薬」の研究員。温厚な性格だが、頭脳明晰で、森博嗣と事件解決に協力する。
* 沢口美沙森博嗣の秘書。機転が利き、森博嗣をサポートする。
* 石井秀夫森博嗣の会社のライバルである「β製薬」の社長。野心家で、森博嗣を陥れようと企む。
* 黒崎清森博嗣の会社の研究員。石井秀夫に唆され、森博嗣を陥れるために事件を起こす。

作品の見どころ

作品の見どころ

森博嗣の長編推理小説『目薬αで殺菌します』の見どころは、なんといっても主人公である西之園萌絵のキャラクターです。西之園萌絵は、大学で工学を専攻する女子大生で、頭脳明晰で運動神経も抜群という才色兼備の女性です。しかし、その一方で、天然ボケな一面もあり、そのギャップが魅力的です。

また、本作では、西之園萌絵がさまざまな難事件を解決していく過程が描かれています。その事件は、どれも奇想天外なものばかりで、読者を飽きさせることがありません。そして、西之園萌絵は、その頭脳と運動神経を駆使して、事件を次々と解決していきます。その姿は、まるでスーパーヒーローのようです。

さらに、本作では、西之園萌絵と仲間たちの関係性も描かれています。西之園萌絵は、大学で出会った仲間たちと協力して事件を解決していきます。その仲間たちは、それぞれ個性的なキャラクターを持っており、西之園萌絵との掛け合いも面白いです。

このように、『目薬αで殺菌します』は、魅力的なキャラクター、奇想天外な事件、そして仲間との関係性など、さまざまな要素が詰まった作品です。ミステリー好きの方はもちろん、そうでない方も楽しめる作品なので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました