西加奈子の「さくら」の思い出

スポンサーリンク

西加奈子の「さくら」の思い出

さくらとは。

「さくら」は西加奈子による小説で、2005年に出版されました。

物語の舞台と主人公の魅力

物語の舞台と主人公の魅力

西加奈子の「さくら」は、北海道を舞台に、主人公の美咲と彼女の家族、友人たちの物語です。美咲は、17歳の女子高生で、明るく元気な性格をしています。彼女は、両親と弟の4人家族で、札幌に住んでいます。ある日、美咲は、学校から帰ると、家の前に見知らぬ男が立っているのを見かけます。男は、美咲の父親の昔の恋人だったのです。男は、美咲に、父親が病気で倒れたので、病院に来てほしいと頼みます。美咲は、病院に行くと、父親が末期の癌であることを知ります。美咲は、父親の病気を知って、とてもショックを受けます。

美咲は、父親の病気を乗り越えようと、家族や友人たちと力を合わせて、父親の看病をしていきます。父親は、美咲たち家族や友人たちに支えられながら、病気を乗り越えていきます。美咲は、父親の病気を乗り越えたことで、家族や友人たちの大切さを知り、人生の大切さを学びます。

家族の絆と友情の大切さ

家族の絆と友情の大切さ

西加奈子による小説「さくら」には、家族の絆と友情の大切さが描かれています。主人公のさくらは、幼い頃に母親を亡くし、父親と妹との三人暮らしをしています。しかし、父親は仕事で忙しく、さくらと妹の面倒を看ることができません。そんなさくらを支えているのが、親友の美咲です。美咲は、いつもさくらと妹のために食事を作ってくれたり、勉強を教えてくれたりします。さくらは、美咲に支えられていることに感謝し、美咲をとても大切に思っています。

ある日、さくらは父親から、再婚することを告げられます。さくらは、新しい母親と妹を受け入れることができず、家出をしてしまいます。美咲は、さくらが家出をしたことを知り、さくらを探しに行きます。美咲は、さくらを説得して家に戻し、さくらと新しい母親との関係を修復させます。

さくらは、美咲の支えのおかげで、新しい母親と妹を受け入れることができ、家族の絆を深めることができました。また、美咲との友情もさらに深まり、美咲はさくらにとってかけがえのない存在となりました。

小説のラストシーンの考察

小説のラストシーンの考察

小説のラストシーンの考察

西加奈子の小説「さくら」のラストシーンは、主人公のさくらが、亡くなった祖母の家を相続することになる場面である。さくらは、祖母の死を悲しむ一方で、祖母の家に住むことを決意する。さくらは、祖母の家の庭で花を育て、祖母と過ごした日々を思い出す。そして、さくらは、祖母が残した遺言書を読み、祖母がさくらに託した想いを知る。さくらは、祖母の想いに応えることを誓い、祖母の家で新しい生活を始める。

このラストシーンは、さくらが祖母との思い出を大切にし、祖母が残した想いを継いで生きていくことを示唆している。また、ラストシーンでは、さくらが花を育て、祖母と過ごした日々を思い出す場面が描かれている。これは、さくらが祖母との思い出を大切にしており、祖母が残した想いを継いで生きていくことを決意していることを示唆している。

さらに、ラストシーンでは、さくらが祖母の遺言書を読み、祖母がさくらに託した想いをを知る場面が描かれている。これは、さくらが祖母から愛されていたことを知り、祖母の想いに応えることを誓うことを示唆している。また、ラストシーンでは、さくらが祖母の家で新しい生活を始める場面が描かれている。これは、さくらが祖母が残した想いを継いで生きていくことを決意し、新しい生活を始めることを示唆している。

タイトルとURLをコピーしました