放課後はミステリーとともに

スポンサーリンク

放課後はミステリーとともに

放課後はミステリーとともにとは。

「放課後はミステリーとともに」は、2012年4月から6月までTBS系列で放送された、全9回の日本のテレビドラマです。原作者は東川篤哉で、脚本は泉澤陽子と鳴門真規が担当しました。音楽は遠藤浩二、主演は川口春奈と速水もこみちです。

放課後の学園は探偵の舞台

放課後の学園は探偵の舞台

放課後の学園は探偵の舞台

学校の授業が終わった後、学園は探偵の舞台へと変貌する。生徒たちはそれぞれ探偵となり、さまざまな事件を解決していく。事件は放課後の教室、図書館、体育館など、学園のさまざまな場所を舞台に起こる。生徒たちは事件現場を探検し、証拠を集め、容疑者を尋問して、事件の真相を解き明かしていく。

探偵となって事件を解決していく中で、生徒たちは論理的な思考力を身につけ、問題解決能力を高めていく。また、他者と協力して事件を解決していくことで、チームワークの大切さも学ぶ。放課後の探偵活動は、生徒たちの成長に大きく貢献している。

川口春奈主演の学園ミステリー

川口春奈主演の学園ミステリー

-川口春奈主演の学園ミステリー-

川口春奈が主演を務める 学園ミステリードラマが、今秋放送開始となる。このドラマは、名門私立高校を舞台に、学校で起こるさまざまな謎に挑む女子高生探偵の活躍を描く。

川口春奈が演じるのは、主人公の女子高生探偵・桜井美咲。美咲は、頭脳明晰で推理力に長けた少女。しかし、普段は天然ボケな性格で、周囲からは「天然探偵」と呼ばれている。そんな美咲が、学校で起こる難事件に挑んでいく。

ドラマの舞台となるのは、名門私立高校・帝都学院。帝都学院は、政財界の有力者の子息が多数通う、エリート校である。しかし、そんな帝都学院で、不可解な事件が次々と起こり始める。

ある日、帝都学院の校内で、生徒の死体が発見される。警察は自殺と断定するが、美咲は事件に疑惑を抱き、独自の捜査を開始する。美咲は、事件の真相を突き止めるために、帝都学院の生徒たちに聞き込みを開始。しかし、生徒たちは皆、口を閉ざし、事件について何も語ろうとしない。

美咲は、生徒たちの協力が得られずに、苦戦する。しかし、諦めずに捜査を続けた結果、事件の真相にたどり着く。犯人は、帝都学院の教師だった。教師は、生徒を殺害した後に、自殺を装って死を偽装していたのだ。

美咲は、教師の犯行を暴き、事件を解決する。美咲の活躍によって、帝都学院の生徒たちは安心して学校生活を送ることができるようになった。

泉澤陽子、鳴門真規の脚本による

泉澤陽子、鳴門真規の脚本による

泉澤陽子と鳴門真規の脚本によって、放課後のミステリーが展開されます。泉澤陽子は、テレビドラマ「トリック」や「SPEC」の脚本を担当し、鳴門真規は「ガリレオ」や「BORDER」の脚本を担当したことで知られています。

二人の脚本家による本作は、学校を舞台にしたミステリードラマです。主人公は、好奇心旺盛な女子高生・園田真希。彼女は、ある日、学校の倉庫で不思議な事件に遭遇します。そして、その事件の謎を解くために、幼なじみの青山裕介とともに調査を開始します。

真希と裕介は、調査を進めるうちに、学校の隠された秘密や、過去の事件との関連性など、さまざまな謎を明らかにしていきます。やがて、二人は事件の核心へと迫っていくのですが、そこには、想像を絶する真実が待ち受けているのです。

本作の見どころは、泉澤陽子と鳴門真規による緻密な脚本です。二人は、巧みな伏線回収や、意外な展開で視聴者を飽きさせません。また、園田真希と青山裕介という二人の主人公も、魅力的です。真希の好奇心旺盛な性格と、裕介の冷静沈着な性格が、うまくかみ合っており、事件解決に一役買っています。

タイトルとURLをコピーしました