神話・伝承事典 ― その内容と意義

スポンサーリンク

神話・伝承事典 ― その内容と意義

「C」とは。

「C」とは、日本の代表的なポップスで、歌手・女優の中山美穂のデビュー曲。1985年に発売され、その年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞した。作詞は松本隆、作曲は筒美京平で、中山主演のテレビドラマ「夏・体験物語」(TBS系)の主題歌として使われた。

神話・伝承事典とは何か?

神話・伝承事典とは何か?

-神話・伝承事典とは何か?-

神話・伝承事典とは、神話や伝承に関する情報を体系的にまとめたものです。神話や伝承は、人間の文化や歴史を理解するために重要な資料ですが、それらは多くの場合、断片的な形でしか残されていません。そのため、神話・伝承事典はそれらを一冊にまとめることで、それらを保存し、研究や教育に役立てることを目的としています。

神話・伝承事典には、世界各地の神話や伝承に関する情報が掲載されています。その内容は、神々の名前や性格、神話のあらすじ、神話の舞台となった場所、神話を語った人々の情報など、多岐にわたります。また、神話・伝承事典には、神話や伝承の研究史や、神話や伝承の解釈に関する情報も掲載されています。

神話・伝承事典は、神話や伝承に興味を持っている人にとって、非常に有用な資料です。神話・伝承事典を利用することで、神話や伝承に関する情報を体系的に収集することができ、それらを理解することが容易になります。また、神話・伝承事典は、神話や伝承の研究者にとっても、重要な資料です。神話・伝承事典を利用することで、神話や伝承に関する研究史を把握したり、神話や伝承の解釈に関する情報を収集したりすることができます。

神話・伝承事典の内容と特徴

神話・伝承事典の内容と特徴

神話・伝承事典の内容と特徴

神話・伝承事典は、世界中の神話や伝承を収集し、体系的に整理したものです。その内容は、神々の誕生や役割、宇宙の創造、英雄譚、民話など、多岐にわたります。

神話・伝承事典の特徴の一つは、その広範囲にわたる内容です。世界中の神話や伝承を網羅しており、その内容は古代から現代まで、あらゆる地域に及びます。また、神話・伝承事典には、神々の系譜や神話の舞台となった場所などの詳細な情報も含まれていることが多く、神話や伝承を理解する上で役立ちます。

神話・伝承事典のもう一つの特徴は、その体系的な整理です。神々や英雄、伝承の種類など、さまざまな基準に基づいて項目が分類されており、必要な情報を素早く見つけることができます。また、神話・伝承事典には、索引や参考文献などが付いていることが多く、研究や学習に役立ちます。

神話・伝承事典は、神話や伝承に興味のある人にとって、なくてはならない資料です。世界中の神話や伝承を学ぶことで、異なる文化や価値観を理解し、人類の共通点を見出すことができます。また、神話・伝承事典は、創作活動のヒントを得たり、人生の指針を見つけたりするのにも役立ちます。

神話・伝承事典の意義と影響

神話・伝承事典の意義と影響

-神話・伝承事典の意義と影響-

神話・伝承事典は、世界のさまざまな文化に伝わる神話や伝承を体系的にまとめた事典です。神話や伝承は、各民族の文化や歴史を理解するうえで重要な資料であり、その意義は計り知れません。

神話・伝承事典は、まず第一に、世界の多様な神話や伝承を体系的に整理し、比較研究を可能にしました。これにより、神話や伝承の起源や共通点、文化的背景などを明らかにすることができるようになりました。また、神話・伝承事典は、世界のさまざまな民族の文化や歴史を理解するうえでの貴重な資料です。神話や伝承には、各民族の生活や信仰、価値観などが反映されており、それらを研究することで、各民族の文化や歴史をより深く理解することができます。

さらに、神話・伝承事典は、文学や芸術作品などの創作の源泉でもあります。神話や伝承は、多くの作家や芸術家にインスピレーションを与え、さまざまな作品が生まれました。例えば、ギリシャ神話やローマ神話は、多くの文学作品や芸術作品の題材となってきました。また、日本の神話や伝承も、多くの文学作品や芸術作品に登場しています。

このように、神話・伝承事典は、世界の多様な神話や伝承を体系的に整理し、その意義や影響を明らかにしました。神話・伝承事典は、世界の文化や歴史を理解するうえで重要な資料であり、今後もその価値は失われることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました