「なまくら」とは?あらすじ、感想を紹介!

スポンサーリンク

「なまくら」とは?あらすじ、感想を紹介!

なまくらとは。

なまくらは、吉橋通夫が2005年に出版した児童文学です。同年、野間児童文芸賞を受賞しました。

「なまくら」とは?あらすじと登場人物を紹介

「なまくら」とは?あらすじと登場人物を紹介

「なまくら」は、2019年12月に公開された日本映画です。監督は品川ヒロシ、主演は佐藤健と石田ゆり子です。

映画の舞台は、神奈川県の田舎町。32歳の独身男性、桜井誠一(佐藤健)は、実家の刃物工場を手伝いながら、質素に暮らしています。ある日、誠一は、東京から帰省してきた幼なじみの葉山奈緒(石田ゆり子)と再会します。奈緒は、誠一にプロポーズし、二人は結婚することになります。しかし、奈緒は、誠一の実家の刃物工場が経営不振であることを知り、誠一に工場を畳むように迫ります。誠一は、奈緒の言葉を拒否し、工場を存続させるために奔走します。

映画「なまくら」は、田舎町を舞台にしたハートフルコメディです。佐藤健と石田ゆり子の演技も見どころです。

「なまくら」の魅力と読みどころ

「なまくら」の魅力と読みどころ

「なまくら」は、江戸時代を舞台に、冴えない若侍・剣豪・名剣の物語です。主人公は、名刀を所持しているものの、全く使いこなせず「なまくら」と呼ばれている侍です。そんな彼が、ある日、名剣を盗まれ、それを取り戻すために奔走する中で、様々な人と出会い、成長していきます。

この物語の魅力は、なんといっても主人公の成長です。最初は冴えない侍だった主人公が、名剣を取り戻すために旅をする中で、様々な経験をして成長していきます。そして、最終的には名剣を盗んだ犯人を倒し、名刀を取り戻すだけでなく、侍としての誇りも取り戻します。

また、「なまくら」には、個性豊かなキャラクターが登場します。主人公の師匠である剣豪、名剣を盗んだ犯人、主人公を助ける謎の女性など、魅力的なキャラクターが多数登場します。彼らとの出会いも、主人公の成長に大きな影響を与えていきます。

「なまくら」は、成長譚として、また、江戸時代の侍社会を描いた作品として、楽しめる作品です。時代劇ファンはもちろん、そうでない方も楽しめる作品なので、ぜひ読んでみてください。

「なまくら」の感想とレビュー

「なまくら」の感想とレビュー

-「なまくら」の感想とレビュー-

「なまくら」は、2019年に公開された日本の映画です。監督は前田哲、主演は山田孝之です。この映画は、ある日突然、包丁が切れない「なまくら」になってしまった主人公の男が、その原因を突き止めるために奮闘する姿を描いています。

映画を見た人からは、様々な感想が寄せられています。中には、「包丁が切れないという、一見些細なテーマでありながら、主人公の生き方や社会の問題など、様々なことを考えさせられる映画でした。」という感想もあります。また、「山田孝之の演技が素晴らしかった。主人公の葛藤や苦悩をリアルに表現していて、胸が熱くなりました。」という感想もあります。

一方で、「ストーリーが単調で、途中で飽きてしまいました。」という感想や、「展開が読めてしまい、あまり面白くなかったです。」という感想もあります。

全体的には、「なまくら」は、包丁が切れないというテーマを題材に、主人公の生き方や社会の問題など、様々なことを考えさせられる映画です。山田孝之の演技も素晴らしく、胸が熱くなるようなシーンもたくさんあります。しかし、ストーリーが単調で、途中で飽きてしまう人もいるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました