警視庁捜査一課9係〈Season 2〉

スポンサーリンク

警視庁捜査一課9係〈Season 2〉

新・警視庁捜査一課9係〈Season 2〉とは。

『新・警視庁捜査一課9係〈Season 2〉』は、2010年6月から9月まで、テレビ朝日系で毎週水曜日の夜9時より放送された日本の刑事ドラマです。脚本は深沢正樹氏をはじめとする複数名、主演は渡瀬恒彦氏、井ノ原快彦氏、羽田美智子氏などが出演しました。全12話で放映されました。

概要

概要

警視庁捜査一課9係〈Season 2〉は、2007年4月19日から2008年3月27日までテレビ朝日系で毎週木曜2100 – 2154に放送された日本の刑事ドラマシリーズ。井ノ原快彦主演の「警視庁捜査一課9係」シリーズの第2作である。警視庁捜査一課に所属する9名の刑事たちの活躍を描く。

9係は警視庁捜査一課の9係で、一見ただの飲み仲間のような連中ばかりだが、実は仕事の腕は確かな刑事たちが集められている。班長は浅輪直樹で、警部補。あだ名は「あさぴょん」。北海道警釧路中央署から異動してきて、9係の班長に就任した。人情味あふれる人物で、部下たちからも慕われている。

9係のメンバーは、浅輪直樹、小宮山志保、村瀬健吾、加納倫太郎、矢沢英明、小野田公顕、井口浩司、森村誠一、新藤亮介の9名。小宮山志保は浅輪直樹の部下で、警部補。あだ名は「しーちゃん」。気が強く男勝りだが、実は心優しい一面を持つ。村瀬健吾は浅輪直樹の部下で、巡査部長。あだ名は「まっちゃん」。お人好しな性格で、よく部下たちからからかわれている。加納倫太郎は浅輪直樹の部下で、巡査部長。あだ名は「かーくん」。真面目で几帳面な性格で、9係のムードメーカー的存在。

矢沢英明は浅輪直樹の部下で、巡査部長。あだ名は「やっさん」。クールで無愛想だが、実は熱い性格を持っている。小野田公顕は浅輪直樹の部下で、巡査部長。あだ名は「おのだっち」。お調子者でよく失敗をするが、憎めないキャラクター。井口浩司は浅輪直樹の部下で、巡査部長。あだ名は「いがっちゃん」。9係の紅一点で、男性陣からモテモテ。森村誠一は浅輪直樹の部下で、巡査。あだ名は「まっちゃん」。9係の最年少で、先輩刑事たちから可愛がられている。新藤亮介は浅輪直樹の部下で、巡査。あだ名は「しんちゃん」。9係の新人刑事。やる気はあるが、まだ未熟なところがある。

ストーリー

ストーリー

警視庁捜査一課9係〈Season 2〉のストーリーは、個性豊かな捜査員たちが難事件に挑む姿を描いたもので、様々な事件が展開される。その中でも、連続殺人鬼が次々と若い女性を殺害する事件は、9係の捜査員たちの捜査力が試されることになる。

この事件の犯人は、若い女性を拉致して監禁し、殺害した後、その死体をバラバラにして、各所に遺棄するという残忍な手口を使っていた。9係の捜査員たちは、犯人の足取りを追うが、なかなか手がかりがつかめず、捜査は難航する。

しかし、9係の捜査員たちは、諦めずに捜査を続け、ついに犯人のアジトを突き止めることに成功する。アジトには、犯人が殺害した女性たちの死体が隠されており、9係の捜査員たちは、その光景を見て、犯人の残忍さに戦慄を覚える。

9係の捜査員たちは、ついに犯人を逮捕し、事件は解決する。しかし、犯人の残忍な手口は、9係の捜査員たちの心に深い傷を残すことになる。

タイトルとURLをコピーしました