背番号0:寺田ヒロオの野球漫画

スポンサーリンク

背番号0:寺田ヒロオの野球漫画

背番号0とは。

「背番号0」は、寺田ヒロオが描いた漫画作品です。主人公は、万年補欠で三振バッターの少年です。しかし、彼は野球少年として、家族や友人たちと楽しい日常を送っています。この漫画は、1956年1月号から1960年4月号まで『野球少年』に連載され、1961年から1964年まで小学館学年誌にも連載されました。現在は、全7巻のマンガショップシリーズとしてまとめられています。

万年補欠の三振バッターの日常

万年補欠の三振バッターの日常

-万年補欠の三振バッターの日常-

寺田ヒロオの野球漫画に描かれた、万年補欠の三振バッターの日常とは、野球部の端くれにいて、試合に出ることはほぼなく、練習でも三振ばかりを喫する選手の日常のことである。そんな選手にとって、野球は苦痛以外の何ものでもない。監督やコーチに怒られ、チームメイトからもバカにされ、自分の居場所はどこにもないように感じる。それでも、野球が好きで、諦めずに練習を続け、いつか試合に出場して活躍することを夢見ている。

そんな選手にとって、唯一の楽しみは、試合に出られない悔しさをバッティング練習にぶつけることだ。三振をしても、諦めずに何度もバットを振り、いつかホームランを打つことを夢見ている。また、試合に出られない分、ベンチでチームメイトを応援し、勝利に貢献しようとする。

そんな選手にとって、野球は苦痛でありながらも、かけがえのないものである。決して諦めずに練習を続け、いつか試合に出場して活躍することを夢見ている。

スポーツマンらしい野球少年の家族と友人たち

スポーツマンらしい野球少年の家族と友人たち

背番号0寺田ヒロオの野球漫画

スポーツマンらしい野球少年の家族と友人たち

寺田ヒロオの野球漫画には、スポーツマンらしい野球少年の家族と友人たちが登場します。野球少年の父親は、元プロ野球選手で、息子に野球を教えます。母親は、息子の野球を応援し、支えます。友人たちは、野球少年と一緒に野球をしたり、応援したりします。

野球少年の父親は、厳しい性格ですが、息子を愛する優しい父親です。息子に野球を教えるときは、厳しく指導しますが、息子の成長を喜び、誇りに思っています。野球少年の母親は、息子を温かく見守る優しい母親です。息子の野球を応援し、支えます。野球少年の友人たちは、野球少年と一緒に野球をしたり、応援したりします。野球少年の成長を喜び、応援しています。

野球少年の家族と友人たちは、野球少年にとってかけがえのない存在です。野球少年の成長を支え、応援しています。野球少年は、家族と友人たちに支えられて、野球選手として成長していきます。

『野球少年』と小学館学年誌に連載

『野球少年』と小学館学年誌に連載

「野球少年」と小学館学年誌に連載

寺田ヒロオの野球漫画の代名詞ともいえる「野球少年」。1966年から8年の長期連載となり、30巻と大巻数となりました。その人気は衰えることなく、現在も廉価版コミックスが出版されるなど根強い人気を誇ります。1973年にはアニメで放送され、その影響で寺田は「漫画太郎」と間違えられることもありました。

週刊誌が主流だった時代に、学年誌に連載していたことは特筆すべき点です。しかも連載時は小学3年生、まだ10歳でした。当時のことを寺田は「小学3年生の野球少年って、どこにでもいるじゃないですか。編集者は、そのリアルな目線に価値を見出してくれたんです」と振り返ります。

「野球少年」の連載が進むにつれて、寺田は「もっと世間や社会をとりあげてみたい」という思いを抱きます。その背景には、ベトナム戦争の報道などがありました。寺田は「スポーツでもオリンピックやワールドカップで、違う国籍の人間が競い合ってるじゃないですか。その国の歴史や文化を勉強すると、スポーツがもっと面白い」と語っています。

タイトルとURLをコピーしました