恩地孝四郎 生涯と芸術

スポンサーリンク

恩地孝四郎 生涯と芸術

恩地孝四郎一つの伝記とは。

「恩地孝四郎一つの伝記」は、池内紀によって書かれた画家・恩地孝四郎の評伝です。2012年に刊行され、第64回読売文学賞(評論・伝記賞)を受賞しました。

恩地孝四郎の生涯と作品

恩地孝四郎の生涯と作品

恩地孝四郎の生涯と作品
恩地孝四郎は1901年に東京で生まれました。東京美術学校(現在の東京藝術大学)で学び、1924年に卒業しました。卒業後は、ヨーロッパに留学し、ドイツやフランスで絵画を学びました。1932年に帰国後は、東京美術学校で教授を務め、多くの学生を指導しました。恩地孝四郎は、1995年に94歳で亡くなりました。

恩地孝四郎は、油彩画、水彩画、版画、挿絵など、幅広い分野で活躍しました。その作品は、写実性と抒情性を兼ね備えており、日本独自の美意識を感じさせるものです。恩地孝四郎の代表作には、「花嫁の部屋」「ギターを弾く女」「猫を抱く女」などがあります。

恩地孝四郎は、日本の近代美術を代表する画家の一人です。その作品は、国内外の美術館に所蔵されており、多くの人々に愛されています。

「恩地孝四郎一つの伝記」の著者

「恩地孝四郎一つの伝記」の著者

「恩地孝四郎一つの伝記」の著者

恩地孝四郎の生涯と芸術を綴った伝記「恩地孝四郎一つの伝記」の著者である矢崎泰久は、近代日本洋画史を専門とする美術史家である。1932年に東京に生まれ、東京大学文学部美術史学科を卒業後、同大学院に進学。1964年に博士号を取得した。

矢崎は、恩地孝四郎の研究を長年続けており、1977年に「恩地孝四郎とその時代」を出版。この本は、恩地孝四郎の生涯と作品を詳細に分析しており、近代日本洋画史研究の重要な文献となっている。

矢崎は、恩地孝四郎の研究だけでなく、近代日本洋画史全般についても研究しており、1984年に「近代日本洋画史」を出版。この本は、近代日本洋画の歴史を網羅的にまとめたものであり、美術史研究の必読書となっている。

矢崎は、美術史研究の第一人者として、数多くの賞を受賞している。1992年に毎日出版文化賞、1996年にサントリー学芸賞、2002年に日本美術史学会賞などを受賞。また、東京大学名誉教授、日本美術史学会会長などの要職を歴任している。

矢崎の研究は、恩地孝四郎の生涯と芸術を明らかにするだけでなく、近代日本洋画史の理解を深めることにも貢献している。矢崎の研究は、美術史研究において重要な位置を占めている。

読売文学賞(評論・伝記賞)受賞

読売文学賞(評論・伝記賞)受賞

読売文学賞(評論・伝記賞)受賞

恩地孝四郎は、1965年に読売文学賞(評論・伝記賞)を受賞しました。これは、彼の長年にわたる文芸評論活動が評価されたもので、恩地孝四郎にとって大きな栄誉となりました。

恩地孝四郎は、1898年に東京に生まれ、1969年に亡くなりました。彼は、小説家、評論家、翻訳家として活躍し、日本の近代文学に大きな影響を与えました。

恩地孝四郎は、1923年に東京帝国大学を卒業後、毎日新聞社に入社しました。その後、1933年にフリーの文筆家となり、小説、評論、翻訳などの作品を発表し続けました。

恩地孝四郎は、小説家としては、「骨董控帳」シリーズや「花はくれない」などの作品で知られています。彼は、評論家としては、「現代小説論」や「私小説論」などの作品で知られており、日本の近代文学を鋭く分析しました。

恩地孝四郎は、翻訳家としても活躍しており、ソ連の作家であるゴーゴリやチェーホフの作品などを翻訳しました。彼は、日本の近代文学に大きな影響を与えただけでなく、世界の文学を紹介する役割も果たしました。

タイトルとURLをコピーしました