鬼平犯科帳〈3〉、全19回の魅力

スポンサーリンク

鬼平犯科帳〈3〉、全19回の魅力

鬼平犯科帳〈3〉とは。

「鬼平犯科帳〈3〉」は、1991年11月から1992年5月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。池波正太郎の同名の時代小説を原作とし、全19回放送されました。2代目中村吉右衛門、多岐川裕美ほかが出演し、江戸の火消し同心・鬼平こと長谷川平蔵の活躍をを描いた時代劇です。

時代劇の歴史に残る名作

時代劇の歴史に残る名作

鬼平犯科帳は、池波正太郎の小説を原作とした時代劇で、1969年から1972年までNET(現・テレビ朝日)で全19回放送された。鬼平こと長谷川平蔵を演じたのは、丹波哲郎である。

鬼平犯科帳は、江戸時代の市中を舞台に、鬼平率いる火付盗改方が活躍する物語である。鬼平は、武芸に優れ、知恵に長けた名奉行として知られ、庶民からも慕われていた。火付盗改方は、江戸の治安を守るために設けられた組織であり、鬼平はその頭目である。

鬼平犯科帳は、池波正太郎の原作を忠実に再現した作品であり、そのリアリティ溢れる描写は、視聴者を魅了した。また、丹波哲郎の鬼平役は、まさにハマり役であり、その渋い演技は、鬼平を生き生きと演じていた。

鬼平犯科帳は、時代劇の歴史に残る名作として知られ、現在でも多くのファンがいる。その魅力は、リアリティ溢れる描写、丹波哲郎の渋い演技、そして、勧善懲悪のストーリーにある。

2代目中村吉右衛門の鬼平像

2代目中村吉右衛門の鬼平像

2代目中村吉右衛門の鬼平像

2代目中村吉右衛門は、1975年から1982年までNETテレビ(現・テレビ朝日)で放送された連続時代劇「鬼平犯科帳」で、主人公の長谷川平蔵を演じました。吉右衛門は、それまで時代劇にはあまり出演していませんでしたが、鬼平犯科帳では、平蔵の威厳と優しさを兼ね備えた演技で、視聴者を魅了しました。

吉右衛門の平蔵は、単なる捕物劇の主人公ではなく、庶民の生活を大切にする人情味あふれる人物として描かれています。また、吉右衛門は、平蔵の複雑な心情を繊細に表現し、視聴者に平蔵の生きざまを共感させました。

吉右衛門の平蔵像は、原作の小説や他の俳優が演じた平蔵像とは一線を画しており、2代目中村吉右衛門の鬼平像は、今なお多くのファンに愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました