オンリー・ラブ:ニール・ヤングのバラード

スポンサーリンク

オンリー・ラブ:ニール・ヤングのバラード

オンリー・ラブとは。

「オンリー・ラブ」は、カナダのシンガー・ソングライター、ニール・ヤングが1970年に発表した楽曲です。アルバム「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」からのシングルとしてリリースされ、全米チャートで33位を記録しました。ワルツのリズムに乗せたシンプルなラブソングです。原題は「Only Love Can Break Your Heart」です。

ワルツのリズムとシンプルなラブソング

ワルツのリズムとシンプルなラブソング

ニール・ヤングのバラードは、彼の全キャリアの中で最も特徴的な楽曲群である。これらはワルツのリズムを頻繁に使用していることで知られており、多くの場合、シンプルな愛の歌に設定されている。ヤング自身、バラードは「最も個人的な」音楽スタイルであると述べている。

ヤングのバラードの最も有名な例の一つは、1972年のアルバム「ハーヴェスト」に収録された「心をとらえて」である。この曲はゆったりとしたワルツのテンポで、失われた恋についての歌詞が特徴である。この曲は、ビルボードホット100で1位を獲得し、ヤング最大のヒット曲となった。

ヤングの他の有名なバラードとしては、「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」、「古い友人」、「四月の雨」、「孤独の旅人」、「ハート・オブ・ゴールド」などがある。これらの曲はすべて、シンプルな愛の歌に設定されており、ヤングの独特のワルツのリズムを特徴としている。

ヤングのバラードは、彼のファンから愛されている。これらの曲は彼の最も個人的な瞬間をとらえており、彼の聴衆とつながることができる。ヤングのバラードは、今後も何世代にもわたって愛され続けるだろう。

全米第33位を記録したヒット曲

全米第33位を記録したヒット曲

ニール・ヤングのバラード「オンリー・ラブ」は、1972年にリリースされ、全米ビルボードホット100チャートで最高位33位を記録したヒット曲です。この曲は、ヤングのアルバム「ハーヴェスト」に収録されており、ヤングの代表曲のひとつとして知られています。

「オンリー・ラブ」は、アコースティック・ギターとオルガンのシンプルな伴奏に乗せて、ヤングが切々と歌うバラードです。歌詞は、愛する人との別れの悲しみを歌ったもので、ヤングの繊細なボーカルと叙情的な歌詞が心に響きます。

「オンリー・ラブ」は、リリース以来、多くのアーティストにカバーされており、その中にはボブ・ディラン、ジョニー・キャッシュ、リンダ・ロンシュタットなどのそうそうたるメンバーが含まれています。また、映画やテレビ番組でも使用されており、その知名度は世界中に広がっています。

「オンリー・ラブ」は、ヤングのソングライティングの才能と叙情的な歌詞が光る珠玉のバラードです。そのシンプルな美しさと普遍的なテーマは、時を超えて人々の心に響き続けています。

アルバム「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」からのシングル

アルバム「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」からのシングル

「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」からのシングル

「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」は、1970年にニール・ヤングがリリースしたアルバムである。アルバムからのシングルとしては、「オンリー・ラブ」がヒットした。この曲は、ヤングが当時のガールフレンドであるキャリー・スナイダーへの純粋かつ献身的な愛について書いたものだという。曲は穏やかでメロウなバラードで、ヤングの柔らかなボーカルとアコースティックギターのシンプルな伴奏が特徴である。この曲は批評家とファンの両方に絶賛され、ヤングの最も愛されている曲の1つとなった。

「オンリー・ラブ」は、ヤングのライブ・パフォーマンスの定番曲となり、多くのアーティストによってカバーされた。「オンリー・ラブ」という曲は、愛の力を信じ、愛のためにすべてを捧げることを歌っている。それは、希望と楽観主義の曲であり、ヤングの最も愛されている曲の1つである。

タイトルとURLをコピーしました