温泉に行きたい!~懐かしの昼ドラ名作集

スポンサーリンク

温泉に行きたい!~懐かしの昼ドラ名作集

温泉に行きたいとは。

温泉に行きたいとは、1992年6月から7月にかけてTBS系列で放送された日本の昼帯ドラマです。花王愛の劇場枠で、全35回放送されました。出演者は、沢田亜矢子、乙羽信子などです。

TBS系列放映の昼ドラ名作『温泉に行きたい!』

TBS系列放映の昼ドラ名作『温泉に行きたい!』

「温泉に行きたい!」は、TBS系列で放送された昼ドラの傑作です。1995年4月3日から1996年3月29日まで、全252話が放送されました。平均視聴率は18.1%、最高視聴率は25.8%を記録しました。

同作は、老舗旅館「花月園」を舞台に、旅館の再建のために奮闘する人々の姿をを描いたものです。主人公は、花月園の社長である大川原健太郎(演柴田恭兵)。健太郎は、妻の死後、女手一つで娘の美和(演安達祐実)を育てながら、旅館を切り盛りしています。しかし、近年は経営が低迷しており、倒産の危機に瀕していました。

ある日、健太郎は、温泉の専門家である湯原伸介(演石田純一)と出会い、伸介のアドバイスを受けながら、花月園の経営再建に乗り出します。伸介は、花月園の温泉の泉質を活かした、新しい入浴方法を提案したり、旅館の設備をリニューアルしたりして、集客に成功していきます。また、伸介は、美和に恋心を抱くようになり、健太郎と美和の母子家庭に明るさをもたらしていきます。

「温泉に行きたい!」は、家族の絆や恋愛模様など、人間ドラマを丁寧に描いた作品です。また、温泉の効能や入浴方法など、温泉に関する情報も盛り込まれており、視聴者から好評を博しました。同作は、再放送されるたびに高い視聴率を記録しており、現在も根強い人気を誇っています。

出演:沢田亜矢子、乙羽信子ほか

出演:沢田亜矢子、乙羽信子ほか

沢田亜矢子と乙羽信子は、昼ドラの名作に出演した女優として知られています。沢田亜矢子は、1970年代に放送された「りんどう花子」で主人公の花子を演じ、一躍人気女優となりました。乙羽信子は、「愛の劇場」シリーズの常連女優として活躍し、多くの人気ドラマに出演しました。

沢田亜矢子は、1951年11月22日生まれ、愛知県名古屋市出身です。1970年に「ミス・セブンティーン」に選ばれ、芸能界入りしました。その後、映画やドラマに出演し、1973年に「りんどう花子」で主演を務めました。沢田亜矢子は、清純なイメージと演技力で人気を集め、トップ女優となりました。

乙羽信子は、1924年1月1日生まれ、東京都出身です。1943年に日活に入社し、映画女優としてデビューしました。その後、映画やドラマに出演し、1970年代には「愛の劇場」シリーズの常連女優として活躍しました。乙羽信子は、温厚で慈悲深い母親役を多く演じ、お茶の間の人気を集めました。

沢田亜矢子と乙羽信子は、昼ドラの名作に出演した女優として記憶に残っています。彼女たちの演技は、多くの人々を魅了し、昼ドラの黄金時代を彩りました。

1992年6~7月放映(全35回)

1992年6~7月放映(全35回)

1992年6月から7月に放映された昼ドラの傑作『温泉に行きたい!』は、全35回の放送で、当時大きな人気を博しました。このドラマは、温泉旅館を舞台に、そこに集まる人々の人間模様を描いたものです。主人公は、老舗旅館の若女将である岡本香苗。彼女は、旅館を盛り上げるために、様々なアイデアを出し、奮闘します。そんな中、彼女は、旅館にやって来た謎の男、藤堂竜一と出会います。竜一は、香苗に惹かれ、彼女を追いかけて旅館にやって来ました。香苗は、竜一の想いに戸惑いながらも、次第に彼に惹かれていきます。しかし、二人の仲は、旅館の従業員である矢島美津子の策略によって、引き裂かれてしまいます。美津子は、竜一が香苗と結婚したら、旅館を乗っ取ることができると考え、二人の仲を裂こうとしたのです。

香苗と竜一は、美津子の策略に翻弄されながらも、最終的には結ばれます。そして、二人は力を合わせて、旅館を盛り上げていきます。『温泉に行きたい!』は、温泉旅館を舞台にしたハートフルなドラマであり、多くの人々に愛されました。

タイトルとURLをコピーしました