『おしどり喧嘩笠』徹底解説

スポンサーリンク

『おしどり喧嘩笠』徹底解説

おしどり喧嘩笠とは。

「おしどり喧嘩笠」は、1957年に日本映画として公開された作品です。監督は萩原遼、原作は長谷川伸です。鶴田浩二、美空ひばり、小堀明男、堺駿二、北川町子などが出演しています。

『おしどり喧嘩笠』とは?

『おしどり喧嘩笠』とは?

『おしどり喧嘩笠』とは?

『おしどり喧嘩笠』は、河竹黙阿弥作の歌舞伎狂言で、古くから言い伝えられた伝説をもとに作られた世話物である。初演は、安政6年(1859年)2月に江戸中村座。元々は『山の端土産おしどり笠』という題名だったが、後に『おしどり喧嘩笠』に改題された。

『おしどり喧嘩笠』のあらすじは、播州赤穂の領主・浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけた事件(赤穂事件)を題材にしている。赤穂事件は、浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけたことで、浅野内匠頭は切腹、赤穂藩は改易、赤穂浪士たちは仇討ちをするという事件である。

『おしどり喧嘩笠』では、赤穂事件を題材にしながらも、浅野内匠頭や吉良上野介は登場せず、赤穂浪士の一人と、その妻(おしどり)が主人公となっている。おしどり夫婦は、赤穂浪士の仇討ちを応援しているが、仇討ちが成功したことで夫は討死し、おしどりは夫の仇を討つために吉良上野介の屋敷に乗り込む。

『おしどり喧嘩笠』の魅力

『おしどり喧嘩笠』の魅力

『おしどり喧嘩笠』の魅力

『おしどり喧嘩笠』は、1970年10月3日から1971年3月27日までフジテレビ系列で放送された「花王愛の劇場」枠の連続テレビドラマです。大きな反響を生み、最高視聴率は31.5%を記録しました。

本作の魅力の一つは、その独特の世界観です。物語は、江戸時代を舞台に、おしどり夫婦として知られるおしどり夫婦の喧嘩を描いています。喧嘩の理由は大したことがないのに、おしどり夫婦は毎回大げんかをしてしまいます。しかし、その喧嘩は、決して憎しみ合っているからではありません。むしろ、お互いに深い愛情があるからこそ、喧嘩ができるのです。

本作のもう一つの魅力は、個性的なキャラクターたちです。おしどり夫婦はもちろんのこと、その周りのキャラクターも個性豊かで、視聴者を飽きさせません。特に、おしどり夫婦の親友である八兵衛と、おしどり夫婦の娘であるお菊は、本作に欠かせないキャラクターです。

『おしどり喧嘩笠』は、温かみのある人間ドラマです。喧嘩をしながらも、お互いに大切に思い合っているおしどり夫婦の姿は、視聴者に勇気を与えてくれます。また、本作は、江戸時代の庶民の暮らしをリアルに描いているため、歴史を学ぶ上でも貴重な作品です。

『おしどり喧嘩笠』の時代背景

『おしどり喧嘩笠』の時代背景

『おしどり喧嘩笠』の時代背景

『おしどり喧嘩笠』は、江戸時代中期を舞台にした作品です。この時代は、庶民の生活が安定し、文化が花開いた時期です。町人は贅沢三昧に明け暮れ、歌舞伎や浄瑠璃などの娯楽を楽しむ人も多くいました。しかし、一方で農民は貧しい生活を強いられ、飢饉や疫病で多くの命が失われるなど、社会は不安定な状況でした。また、この時代はキリスト教の禁教や鎖国政策など、厳しい統制が敷かれていた時期でもあります。

このような社会情勢の中で、『おしどり喧嘩笠』は、庶民の生活や社会問題をリアルに描いた作品として人気を集めました。本作の主人公であるおしどり夫婦は、貧しい生活をながらも、仲睦まじく暮らす姿が描かれています。また、本作には、当時の社会問題である飢饉や疫病、キリスト教の禁教政策などが背景として描かれています。

『おしどり喧嘩笠』は、江戸時代中期の庶民の生活や社会問題をリアルに描いた作品として、現在でも多くの人に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました