ぼくたちのリアル:小学5年生の友情を描く感動の物語

スポンサーリンク

ぼくたちのリアル:小学5年生の友情を描く感動の物語

ぼくたちのリアルとは。

「ぼくたちのリアル」は、戸森しるこによる児童文学作品です。佐藤真紀子が挿絵を担当しています。この小説は、小学5年生の男の子3人の友情を描いたもので、2015年に講談社児童文学新人賞を受賞し、2016年に出版されました。さらに、第64回産経児童出版文化賞(フジテレビ賞)も受賞しています。

「ぼくたちのリアル」ってどんな本?

「ぼくたちのリアル」ってどんな本?

「ぼくたちのリアル」は、小学5年生の日常と友情を描いた感動の物語です。主人公の明は、引っ込み思案な性格で友達も少なく、いつも一人で過ごしていました。そんなある日、クラスに転校してきた陽介と出会い、世界が変わり始めます。陽介は、明るく社交的な性格で、明とは正反対の存在でした。しかし、二人はすぐに打ち解け、親友になります。

二人は、一緒に学校に行ったり、公園で遊んだり、放課後に勉強したりと、毎日を楽しく過ごしていました。しかし、そんな幸せな日々は長くは続かず、陽介が病気にかかってしまいます。陽介は、長い入院生活を送ることになり、明は一人ぼっちになってしまいます。

明は、陽介のことを忘れることができず、毎日彼のことを想っていました。そして、陽介が退院する日までずっと待ち続けました。ついに、陽介が退院する日がやってきます。明は、久しぶりに対面した陽介と喜びを分かち合い、二人は再び親友として過ごします。

「ぼくたちのリアル」は、友情の大切さや、人生の儚さを描いた感動作です。この物語は、読者の心に深く響き、多くの読者を感動させました。

登場人物の魅力

登場人物の魅力

「ぼくたちのリアル小学5年生の友情を描く感動の物語」の登場人物たちは皆、それぞれに魅力的なキャラクターです。主人公の直樹は、明るく活発で、友達思いの少年です。いつも笑顔でみんなを元気づけてくれる、ムードメーカー的な存在です。直樹の親友の翔太は、真面目で責任感の強い少年です。常に冷静沈着で、仲間のピンチを救う頼りになる存在です。そして、直樹と翔太のクラスメイトである美咲は、優しい性格の少女です。いつも周りの人を気遣っており、友達の相談に乗ってあげる優しい女の子です。この3人の登場人物は、それぞれに異なる性格を持っていますが、固い友情で結ばれています。彼らは、いつも一緒に遊んでいて、お互いのことをよく理解しています。どんな困難にも一緒に立ち向かう、心強い仲間たちです。

作品のテーマやメッセージ

作品のテーマやメッセージ

「ぼくたちのリアル」は、友情の大切さや、困難に直面したときの仲間の大切さを描いた作品です。著者は、この作品を通して、読者にもたらすメッセージは、「どんな困難にも、仲間の支えがあれば乗り越えていける」というものです。

この作品は、小学5年生の3人組の友情を描いています。3人は、いつも一緒に遊び、何でも話し合える仲良しです。しかし、ある日、3人は突然、大きな困難に直面します。3人の中の一人が、重い病気にかかってしまったのです。3人は、この困難に直面しても、決してあきらめず、仲間の支え合いながら、病気と闘います。そして、ついに、3人は病気を見事に克服し、元の仲良しを取り戻すことができました。

この作品は、読者に、友情の大切さや、困難に直面したときの仲間の大切さを伝えています。また、どんな困難にも、仲間の支えがあれば乗り越えていけるというメッセージも伝えています。この作品は、読者に感動を与えるとともに、勇気や希望を与えてくれる作品です。

タイトルとURLをコピーしました