銀河大戦 – エドモンド・ハミルトンのスペース・オペラ

スポンサーリンク

銀河大戦 – エドモンド・ハミルトンのスペース・オペラ

銀河大戦とは。

・銀河大戦とは、1964年に発表されたアメリカ合衆国の作家エドモンド・ハミルトンのスペース・オペラである。
・原題は「Outside the Universe」。
・この小説は、「星間パトロール」シリーズの一作である。

星間パトロールのシリーズ

星間パトロールのシリーズ

大見出し「銀河大戦 – エドモンド・ハミルトンのスペース・オペラ」の下に作られた小見出しの「星間パトロールのシリーズ」は、エドモンド・ハミルトンが1920年代後半から1940年代初頭にかけて発表したSF小説シリーズである。このシリーズは、銀河系で犯罪を捜査する警察組織「星間パトロール」の活躍を描くものであり、当時の読者から大きな人気を博した。

このシリーズは、ハミルトンの他の作品と同様に、大胆な冒険とロマンチックな要素を融合したものであり、宇宙を舞台とした壮大な物語が展開される。主人公たちは、宇宙海賊やエイリアン、そしてさまざまな宇宙の脅威と戦いながら、銀河系の平和を守っていく。

このシリーズは、SF小説の黎明期に発表された作品であり、その後のSF小説の展開に大きな影響を与えた。また、このシリーズは、テレビドラマや映画などにも影響を与えており、その人気は現在でも続いている。

銀河大戦の世界

銀河大戦の世界

銀河大戦の世界

大見出し「銀河大戦 – エドモンド・ハミルトンのスペース・オペラ」の下に作られた小見出しの「銀河大戦の世界」は、22世紀の人間が宇宙を舞台に様々な種族と争う物語である。

この世界では、星間旅行や人工知能が発達しており、人類は多くの惑星や宇宙ステーションを支配している。しかし、宇宙には人類以外にも様々な知的種族が存在しており、彼らは人類の支配に反発している。

物語は、22世紀初頭に地球を襲撃した異星人「ザーズ」との戦争から始まる。ザーズは強力な兵器を持っており、地球は苦戦を強いられる。しかし、人類は科学者のジョン・ゴードンの開発した新兵器「太陽エネルギー砲」でザーズを撃退する。

ザーズとの戦争の後、人類は宇宙に進出し、多くの惑星や宇宙ステーションを支配するようになる。しかし、宇宙には人類以外にも様々な知的種族が存在しており、彼らは人類の支配に反発する。こうして、人類と異星人との間の銀河大戦が始まる。

銀河大戦は、22世紀から23世紀にかけて、宇宙を舞台に繰り広げられる。人類は、ザーズ、スターキング、ヴォーダンなどの異星人と戦い、最終的には勝利を収める。銀河大戦後、人類は宇宙の覇者となり、平和な時代が訪れる。

銀河大戦の登場人物

銀河大戦の登場人物

銀河大戦の登場人物は、多様性に富んでおり、それぞれが魅力的なキャラクターを持っています。主人公は、地球人男性であるジョン・カーターです。彼は、火星に不時着した後に、火星人で構成された軍隊のリーダーとなり、地球を侵略しようとする火星人と戦います。カーターは、勇敢で、知恵があり、常に正義のために戦います。

銀河大戦のもう一人の重要な登場人物は、火星人の女性であるデジャ・ソリスです。彼女は、惑星バーソムの王女であり、カーターと恋に落ちます。デジャ・ソリスは、美しく、勇敢で、知恵があり、常に自分の民のために戦います。

銀河大戦には、他にも魅力的なキャラクターがたくさん登場します。その中には、カーターの盟友である地球人男性のタルス・バルカンや、火星人の将軍であるサボ・タンが含まれます。それぞれのキャラクターは、独自のストーリーを持っており、銀河大戦の世界に深みを与えています。

タイトルとURLをコピーしました