「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」

スポンサーリンク

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」

パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーンとは。

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」とは、アメリカのソウル・コーラス・グループである「テンプテーションズ」の代表曲である。1972年にリリースされ、全米1位を獲得した。オリジナルは「アンディスビューテッド・トゥルース」が前年にリリースしていたものだ。「モータウン・ファンク」の代表作のひとつであり、「ローリング・ストーン」誌の「最も偉大な500曲」の第169位に選ばれている。

テンプテーションズによる大ヒット曲

テンプテーションズによる大ヒット曲

-テンプテーションズによる大ヒット曲-

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」は、テンプテーションズが1972年に発表したシングルで、ビルボード・ホット100で1位を獲得した。この曲はノーマン・ホイットフィールドがプロデュースし、作詞作曲はバリ・シンプソンとウィリアム・ハートが担当した。

この曲は、父親が家を離れてしまった家庭で育った少年の物語を歌っている。少年は父親が自分たちを捨てたと感じており、父親に対して怒りと恨みを抱いている。しかし、曲は最終的には少年が父親を許し、受け入れることを歌っている。

この曲は、テンプテーションズの最も有名な曲のひとつであり、多くのアーティストによってカバーされている。また、この曲は映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』にも使用された。

この曲は、テンプテーションズの黄金期の象徴的な曲のひとつである。ノーマン・ホイットフィールドのドラマチックなアレンジとテンプテーションズの力強いボーカルが融合した名曲である。この曲は、多くのアーティストにカバーされ、今もなお愛され続けている。

モータウン・ファンクの代表作

モータウン・ファンクの代表作

「モータウン・ファンクの代表作」

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」はモータウン・ファンクの代表作として知られている。この曲は1971年にテンプテーションズによってリリースされ、全米ビルボード・ホット100で1位を獲得した。また、この曲はグラミー賞の最優秀楽曲賞にもノミネートされた。

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」の歌詞は、主人公が父親との関係について歌っている。主人公の父親はミュージシャンで、いつもツアーで家を空けていた。主人公は父親が恋しく、父親に会いたいと願っていた。

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」は非常に感動的な曲である。この曲は父親と子の関係について歌っているが、この曲は家族の大切さについても歌っている。この曲は、家族はいつもそばにいるべきであり、家族はいつもお互いに支え合わなければならないというメッセージを伝えている。

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」はモータウン・ファンクの代表作として知られているが、この曲は単なるヒット曲ではない。この曲は感動的な歌詞と素晴らしい音楽によって、多くの人々の心に響く曲である。

ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な500曲第169位

ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な500曲第169位

ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な500曲第169位にランクインした「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」は、1972年に発表されたテンプテーションズの楽曲です。バラード調の曲で、複雑なコード進行と洗練された歌詞が特徴です。この曲は、グラミー賞の最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス賞を受賞し、ビルボード・ホット100で1位に輝きました。

「パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン」は、離婚した夫婦の子供である娘の視点から歌われています。娘は、父親のことを「転がり続ける石」に例え、父親が自分たちを捨てていったことを嘆いています。しかし、父親に対する怒りよりも、父親への愛が強いことが歌詞から伝わってきます。

この曲は、ローリング・ストーン誌の「最も偉大な500曲」にランクインするなど、高い評価を受けています。また、この曲は、多くのアーティストによってカバーされており、その中にはマイケル・ジャクソンやロッド・スチュワートが含まれます。

タイトルとURLをコピーしました