「恋人がサンタクロース」の舞台となったスキー場の聖地巡礼

スポンサーリンク

「恋人がサンタクロース」の舞台となったスキー場の聖地巡礼

恋人がサンタクロースとは。

「恋人がサンタクロース」は、日本のシンガーソングライターである松任谷由実が歌う、1980年に発売されたアルバム「SURF&SNOW」に収録されている楽曲です。1987年には、映画「私をスキーに連れてって」の挿入歌として使用されました。

映画「私をスキーに連れてって」の挿入歌として人気の「恋人がサンタクロース」

映画「私をスキーに連れてって」の挿入歌として人気の「恋人がサンタクロース」

「恋人がサンタクロース」は、1988年に公開された映画「私をスキーに連れてって」の挿入歌として人気の曲です。この曲は、スキー場のロッジで働くサンタクロースの青年と、その青年を恋する女子高生のラブストーリーを歌った曲です。軽快なメロディーと、スキー場のロッジの温かい雰囲気を連想させる歌詞が特徴です。

この曲は、映画の公開当時から人気を集め、スキー場のロッジで流れるBGMとしても定番の曲となりました。また、この曲は、多くのアーティストによってカバーされており、その中でも松田聖子さんのバージョンが特に有名です。

「恋人がサンタクロース」は、スキー場のロッジで働くサンタクロースの青年と、その青年を恋する女子高生のラブストーリーを描いた名曲です。この曲は、軽快なメロディーと、スキー場のロッジの温かい雰囲気を連想させる歌詞が特徴で、多くの人々に愛されています。

「恋人がサンタクロース」の舞台となったスキー場を巡る

「恋人がサンタクロース」の舞台となったスキー場を巡る

「恋人がサンタクロース」の舞台となったスキー場を巡る

「恋人がサンタクロース」は、1998年に放映された日本のテレビドラマです。このドラマは、スキー場のペンションを舞台に、そこに集まる人々の恋愛模様を描いています。ドラマは、長野県にあるスキー場「白馬五竜スキー場」で撮影されました。白馬五竜スキー場は、長野県北安曇郡白馬村にあるスキー場です。このスキー場は、標高1,000mから1,900mに位置し、20のコースがあります。白馬五竜スキー場は、ドラマ「恋人がサンタクロース」の撮影地として知られており、毎年多くのファンが聖地巡礼に訪れています。

聖地巡礼の定番スポットは、ドラマのオープニングシーンに登場する「五竜の池」です。五竜の池は、スキー場の頂上付近にある池で、周囲を山々に囲まれています。ドラマでは、この池で主人公の有明静香(中山美穂さん)とサンタクロースの健太(竹野内豊さん)が出会い、恋に落ちます。五竜の池は、ドラマのファンにとって、とても思い出深い場所です。

また、スキー場のゴンドラも聖地巡礼の定番スポットです。ゴンドラからは、白馬五竜スキー場の美しい景色を一望することができます。ドラマでは、このゴンドラの中で主人公の有明静香と健太が、キスをするシーンがあります。ゴンドラは、ドラマのファンにとって、とてもロマンチックな場所です。聖地巡礼の際には、ぜひ五竜の池とゴンドラを訪れてみてください。

「恋人がサンタクロース」の歌詞に込められたメッセージ

「恋人がサンタクロース」の歌詞に込められたメッセージ

「恋人がサンタクロース」の歌詞に込められたメッセージ

「恋人がサンタクロース」は、1985年に松任谷由実がリリースした楽曲です。この曲は、スキー場の聖地巡礼をテーマにした大ヒット曲で、冬の定番ソングとして親しまれています。

この曲の歌詞は、スキー場で恋人と過ごす幸せな時間を描いたもので、雪化粧をしたゲレンデや暖炉の灯りがロマンチックな雰囲気を演出しています。また、歌詞の中には「恋人がサンタクロース」というフレーズが何度も登場し、恋人が自分にとって最高のプレゼントであるというメッセージが込められています。

この曲は、冬のスキーシーズンになると多くのスキー場でBGMとして使用されており、また、クリスマスソングとしても親しまれています。その歌詞の美しさやメッセージ性の高さから、多くの人々に愛され続けている名曲です。

この曲の歌詞は、松任谷由実自身がスキー場で恋人と過ごした経験をもとに書かれたと言われています。松任谷由実は、この曲について「スキー場で恋人と過ごす時間は、とても幸せだった。その幸せな気持ちを歌詞に込めました」と語っています。

「恋人がサンタクロース」は、冬のスキーシーズンには欠かせない名曲です。この曲を聴くと、スキー場で恋人と過ごす幸せな時間が甦ってきます。

タイトルとURLをコピーしました