霊の傷:ニコラス・ブレイクの最後のミステリー

スポンサーリンク

霊の傷:ニコラス・ブレイクの最後のミステリー

秘められた傷とは。

「秘められた傷」は、イギリスの作家ニコラス・ブレイク氏が1968年に発表した最後のミステリー小説である。原題は「Private Wound」で、イギリス推理作家協会賞(CWA賞)シルバー・ダガー賞を1968年に受賞した。

英国推理作家協会賞(CWA賞)シルバー・ダガー賞受賞作

英国推理作家協会賞(CWA賞)シルバー・ダガー賞受賞作

-英国推理作家協会賞(CWA賞)シルバー・ダガー賞受賞作-

英国推理作家協会賞(CWA賞)シルバー・ダガー賞は、英国推理作家協会により、その年に発表された最優秀の犯罪小説に贈られる賞である。賞は、1955年に最初に贈られ、以来、毎年贈られている。シルバー・ダガー賞は、英国推理作家協会の最高賞であるゴールド・ダガー賞に次ぐ賞である。

シルバー・ダガー賞は、ニコラス・ブレイクの『霊の傷』に贈られた。この作品は、1956年に発表され、英国推理作家協会の会員である投票によって選出された。霊の傷は、英国推理作家協会賞の候補作に選ばれた6作品の中から選ばれた。他の候補作は、ジョン・ディクソン・カーの『三つの棺』、『死の紳士』、『消えた銃』、『闇の告発』、アガサ・クリスティの『殺人は容易だ』、ドラモンド・カーンの『ハチェットの殺人』であった。

『霊の傷』は、ニコラス・ブレイクの最も有名な作品のひとつである。この作品は、英国推理作家協会賞の候補作に選ばれた6作品の中から選ばれた。他の候補作は、ジョン・ディクソン・カーの『三つの棺』、『死の紳士』、『消えた銃』、『闇の告発』、アガサ・クリスティの『殺人は容易だ』、ドラモンド・カーンの『ハチェットの殺人』であった。

1968年に出版された英国の作家ニコラス・ブレイクの最後のミステリー

1968年に出版された英国の作家ニコラス・ブレイクの最後のミステリー

ニコラス・ブレイク(セシル・デイ=ルイスのペンネーム)の最後のミステリーとなった『霊の傷』は、1968年に英国で出版されました。この作品は、ブレイクの代表作である「ナイジェル・ストレンジウェイ」シリーズの1つで、シリーズ第1作『邪魔者は消せ』から約30年後に出版されました。この作品は、ストレンジウェイが引退して隠遁していた田舎の村で起こる殺人事件を捜査する物語です。

この物語は、ストレンジウェイが村で出会った若者、デヴィッド・フォックスが彼の元を訪ねてきたことから始まります。フォックスは、村で起こっている奇妙な出来事についてストレンジウェイに相談するために来たのです。フォックスは、村の教会に幽霊が出るという噂を聞き、それを調べているうちに、村の過去に隠された暗い秘密を知ることになります。ストレンジウェイは、フォックスを手助けするために殺人事件の捜査を開始し、村の過去と現在が交錯する複雑な事件に巻き込まれていくことになります。

『霊の傷』は、ブレイクのミステリー小説の特徴である巧妙なプロットと、人間心理の深い洞察が光る作品です。この作品は、ミステリー愛好家のみならず、本格的な文学ファンにも高く評価されています。

第二次世界大戦直後のロンドンを舞台にしたサイコスリラー

第二次世界大戦直後のロンドンを舞台にしたサイコスリラー

第二次世界大戦後のロンドンを舞台としたニコラス・ブレイクの最後のミステリー『霊の傷』は、サイコスリラーのジャンルの傑作とみなされています。この小説は、戦争でトラウマを受けた元兵士の心理的傷跡を探検し、その傷跡がいかに彼の現在と未来に影響を与えるかを考察しています。

主人公のトーマス・リンジーは、戦争で負った怪我から回復するためにロンドンに戻ってきた元兵士です。しかし、彼はトラウマの後遺症に苦しんでおり、悪夢、フラッシュバック、不安に悩まされています。リンジーは、彼の過去を忘れ、新たな人生を始めたいと願っていますが、それは容易ではありません。彼は戦争の記憶に囚われ、それが彼の現在の生活を蝕んでいます。

リンジーは、セラピストの助けを借りて、彼のトラウマを克服しようとしています。しかし、セラピーは困難で、リンジーは過去の記憶と向き合うことを恐れています。彼は、彼が戦争で経験したことを決して忘れることはできないのではないかと恐れています。

『霊の傷』は、戦争のトラウマがいかに人の心に深く根を下ろすかを考察した、強力で感動的な小説です。この小説は、戦争の傷跡がいかに人の人生を破壊する可能性があるかを明らかにし、戦争の悲惨さを訴えています。

タイトルとURLをコピーしました