プロレス技解説「ウォール・オブ・ジェリコ」

スポンサーリンク

プロレス技解説「ウォール・オブ・ジェリコ」

ウォール・オブ・ジェリコとは。

ウォール・オブ・ジェリコは、背中の関節を極めるプロレスの必殺技の名前です。この技は主に、クリス・ジェリコというアメリカ人レスラーが使用しており、彼の代名詞的な必殺技となっています。

ウォール・オブ・ジェリコとは

ウォール・オブ・ジェリコとは

「ウォール・オブ・ジェリコとは」

ウォール・オブ・ジェリコとは、プロレスラーであり、世界で最も権威のあるプロレス団体レスリング・エンターテインメント(WWE)で活躍するクリス・ジェリコ選手が使用する得意技の一つです。これは、相手の体をリング上において仰向けにさせ、相手の腕を両手で持ち上げた状態で相手の頭の上に立って相手を締め上げるという技です。相手は、ジェリコ選手の体重をかけられて首を絞め上げられるため、呼吸ができなくなり、ギブアップを余儀なくされるというものです。この技は、ジェリコ選手の得意技の中でも特に強力なものであり、多くのタイトルマッチで勝利を収めています。

ウォール・オブ・ジェリコの掛け方

ウォール・オブ・ジェリコの掛け方

-ウォール・オブ・ジェリコの掛け方-

1. 相手をコーナーに追い込んで、自分の片腕を相手の首にかけます。
2. もう一方の腕を相手の胴に回し、相手の頭を抱え込みます。
3. 相手の左肩を自分の右足で踏んで、相手の右肩を自分の左足で踏みます。
4. 相手の首を絞め上げながら、相手の体を持ち上げます。
5. 相手がタップするか、レフェリーが試合を止めるまで、この状態を維持します。

ウォール・オブ・ジェリコは、クリス・ジェリコのフィニッシャーとして有名なプロレス技です。ジェリコは、この技で数々のタイトルを獲得しており、WWE史上最も成功したレスラーの一人として知られています。ウォール・オブ・ジェリコは、相手の首を絞め上げてタップアウトさせる技なので、非常に危険な技です。しかし、ジェリコは、この技を安全に決めることができる数少ないレスラーの一人です。

ウォール・オブ・ジェリコの対策

ウォール・オブ・ジェリコの対策

ウォール・オブ・ジェリコの対策

ウォール・オブ・ジェリコは非常に強力な技であり、これを切り返すのは容易ではありません。しかし、いくつかの対策を講じることで、この技を破る確率を高めることができます。

まず、最も重要なことは、ウォール・オブ・ジェリコをかけられることを避けることです。これは、ジェリコが自分の体に触れるためのチャンスをできるだけ与えないようにすることです。相手の動きをよく観察し、ジェリコが自分の体に触れようとしているサインを見つけたら、すぐにその場を離れるようにしましょう。

また、ウォール・オブ・ジェリコをかけられた場合でも、あきらめずに抵抗することも大切です。ジェリコの腕を掴んで引っ張ったり、足を蹴ったりすることで、相手のバランスを崩すようにしましょう。また、ジェリコの顔面にエルボーやパンチを打ち込んで、相手の注意をそらすことも有効です。

さらに、ウォール・オブ・ジェリコをかけられた場合、周囲のレフェリーや他のレスラーに助けを求めることも大切です。レフェリーに技をかけられていることをアピールしたり、他のレスラーにリングに上がって介入してもらうことで、ジェリコが技を解くことを余儀なくさせることができます。

ウォール・オブ・ジェリコは非常に強力な技ですが、対策を講じることで、これを切り返す確率を高めることは可能です。これらの対策を覚えておいて、ジェリコのこの技を破るのに役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました