『世界の合言葉は森』を読む アーシュラ・K・ルグウィンを読み解く

スポンサーリンク

『世界の合言葉は森』を読む アーシュラ・K・ルグウィンを読み解く

世界の合言葉は森とは。

「世界の合言葉は森とは」、アーシュラ・K・ルグウィンが1972年に発表したSF小説です。原題は「The Word for World Is Forest」であり、「ハイニッシュ・サイクル」シリーズの一作です。

ハイニッシュ・サイクルとは?

ハイニッシュ・サイクルとは?

ハイニッシュ・サイクルとは、アメリカ合衆国の作家アーシュラ・K・ルグウィンによって書かれた、科学小説とファンタジーの小説のシリーズである。シリーズの物語は、何世紀にもわたって銀河を旅してきたハイニッシュ人という宇宙人のグループを中心に展開している。ハイニッシュ人は、地球を含む多くの惑星に入植しており、さまざまな文化や文明を発展させている。

ハイニッシュ・サイクルの小説は、宇宙空間の冒険譚から、異星人の文化や社会を深く考察したものまで、幅広いテーマを扱っている。ルグウィンは、ハイニッシュ・サイクルを通して、人間の存在の意味、戦争と平和の問題、環境保護の重要性など、さまざまなテーマを巧みに描き出している。

ハイニッシュ・サイクルは、ルグウィンが1960年代から1980年代にかけて発表した小説で構成されている。シリーズの最初の小説は、『ロカニの指輪』(1964年)で、最後の小説は、『ゲド戦記』三部作である。『影との戦い』(1972年)、『帰還』(1974年)、『テハヌー』(1990年)で締めくくられている。

ハイニッシュ・サイクルは、世界中で高く評価されており、多くの賞を受賞している。ルグウィンは、ハイニッシュ・サイクルによって、現代の最も重要なSF作家の一人として認められている。

『世界の合言葉は森』のあらすじ

『世界の合言葉は森』のあらすじ

『世界の合言葉は森』は、アメリカの作家アーシュラ・K・ルグウィンが1972年に発表したSF小説です。この小説は、地球から遠く離れた惑星オーヴァーを舞台に、森林や動物と調和して暮らす人々アシュについて描いています。

アシュは、森の中で暮らすことで森を保護し、森に守られていることを知っています。しかし、アシュの生活は、地球から来た探検家ジェイコブ・ハウエルの到着によって脅かされます。ハウエルは、アシュの生活を破壊し、森の資源を略奪しようとしています。

アシュは、ジェイコブ・ハウエルの企みを阻止するために、森の仲間と協力して戦います。アシュは、森の力を利用して、ハウエルを森から追い出します。

小説の最後で、アシュは森の平和を取り戻し、再び森の中で暮らすようになります。アシュは、森と調和して暮らすことで、本当の幸せを見つけるのです。

『世界の合言葉は森』のテーマ

『世界の合言葉は森』のテーマ

『世界の合言葉は森』のテーマは、自然と人間の関係、そして人間が自然と調和して生きる方法です。この小説は、森の惑星アッシュを訪れた宇宙船の乗組員と、その森に住む先住民であるオイク族の物語です。

宇宙船の乗組員は、オイク族よりもはるかに高度な文明を持っていますが、オイク族は森との調和のとれた生活を送っています。オイク族は、森を神聖なものとして敬い、森の資源を大切に扱っています。また、オイク族は、森の動物たちと共存しており、動物たちからも敬われています。

宇宙船の乗組員は、オイク族の生活に触れることで、自然との調和のとれた生き方について多くのことを学びます。そして、オイク族の生き方を参考にすることで、自分たちの文明もより良いものへと変えていきます。

この小説は、人間が自然と調和して生きる方法を考えさせてくれる作品です。また、自然の美しさや大切さについても教えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました